2019年10月5日土曜日

【ツシマヤマネコマンス】ヤマネコ祭2019🐾特別企画

10月8日は、ツシマヤマネコの別名「とらやま」にちなんで制定された「ツシマヤマネコの日」です。
福岡市動物園では、この日に関連して、啓発イベント「ヤマネコ祭2019」を開催中。

詳しい情報はHPでご確認ください。

本日(10/5)の様子です。
まずは特別企画として、担当飼育員によるツシマヤマネコの特別ガイドから始まりました。
対馬にだけ生息する野生のネコである「ツシマヤマネコ」、私たちが普段目にする猫よりもちょっと短足(失礼…)で警戒心が強く、耳の裏には、野生のネコ特有の「虎耳状斑 (こじじょうはん)」という白い斑点があります。
オスの「あおば」です。
「虎耳状斑 (こじじょうはん)」がちょっと見えてますね。
これは飼育員からもらったお肉を食べているところです。

そして本日は4月に生まれた子ネコ(オス)の名前を決めました。
投票用紙をもらって…、
名前候補に投票です。
候補の名前は三つ。

・みつ
由来は対馬の名産品のはちみつから。

・はる
由来はツシマヤマネコの出産シーズンが春だから。

・こう
由来は、幸福になってほしいから。
さて、皆さんは、どの名前に投票してくれましたか。
そして午後にはどの名前に決まったかお披露目です。
こんなに小さかった子ネコたちも、すくすくと成長しています。
この写真は7月ごろです。
では、成長記を飼育員がお話しした後に、満を持して発表です!
オスの子ネコは「こう」に決定!
明日はメスの子ネコの名前を決めます。
ぜひ、足をお運びください!

🐱「ツシマヤマネコの日」特別ガイド🐾
時間:10時~
場所:ツシマヤマネコ舎

🐱みんなで子ネコの名前を決めよう!🐾
時間:10時からのガイドの後に行います。
場所:ツシマヤマネコ舎
(※子ネコは非公開です。写真の二頭がその子ネコになります)

母親の「妃(ひめ)」を育てた対馬の野生生物保護センターのスタッフと、子ネコを育てている飼育員が考えた名前候補の中から、参加者の皆さんがふさわしいと思う名前に投票していただきます。

投票により決定した名前の発表は、その日の13時に発表です。
場所は動物情報館ZooLabですのでお間違いのないように!

詳しくはHPでご確認ください。

動物情報館ZooLabでは、『対馬の魅力盛りだくさん!消しゴムはんこでトートバックを作ろう!』を行いました。
吉野由起子さん(一般社団法人MIT)が作った、対馬の魅力がデザインされた消しゴムはんこをスタンプして、自分だけのトートバックを作りましたよ。
福岡市動物園のツシマヤマネコをデザインした、限定の消しゴムはんこもありますよ♪
大きいハンコを押すときは共同作業~。
しっかり押してね!
色々あって迷う~。
どれも個性豊かでほんとに迷います。
ここは慎重に慎重~に押していました。
わ、大きい!
かっこよかね!
ではでは、素敵なトートバックたちをご覧ください。
ご参加いただき、ありがとうございました!
気になった方、明日もあります♪
ぜひ、ご参加ください!

【日時】
2019年10月6日(日曜日)
11時00分~、14時30分~(各回60分程度)

【場所】
動物情報館ZooLab 多目的コーナー

【定員】
各回20名

【対象】
どなたでも(未就学児は保護者同伴)

【参加費】
300円(材料費として)
※別途、入園料が必要となります

【受付】
当日9時より多目的コーナーにて両回の整理券配布