2019年8月23日金曜日

夏休み最後の週末、明日(8/24)は夜の動植物園♪

明日(8/24)は『夜の動植物園』開催日です。
開園時間を夜の9時まで延長しています。
(入園は8時半までとなりますので、お気をつけください。)

夏休みも最後の週末ですね。
最後の思い出作りに『夜の動植物園』はいかがでしょうか。
というわけで先週の様子をお伝えします^^

<動物情報館ZooLab>

動物情報館では「光る!缶バッジを作ろう」を開催。

まずは夜行性動物たちについてのお話を聞いて、その動物たちをモチーフに、光る缶バッジを作ります。

作り始めると皆さん、真剣♪

ほんのり光るバッチを胸に、夜の動物園へとGO!
夜行性動物たちをしっかり観察してみてね♪

→HP 動物情報館ZooLab「光る!缶バッジを作ろう」

このワークショップは16時と夜時間より早めの開催となります。
(先着にて整理券配布となります。)


<動物園>
夜の動物園では約10種の動物ガイドを開催。
16:30の放鳥舎から始まり、以後30分おきに園内のどこかで動物ガイドを行いますよ~。

こちらはマレーグマのガイド。
ヨーグルトをまるっと凍らせた特製ひんやりスイーツ(無糖)です♪
無心で食べるオスのサニー。

うまーーーー!!っとでも叫んでいるのでしょうかね。
いい表情です。

さて、明日のガイドではどんな姿を見せてくれるのかしら?
園内広いので、周りきるのは大変でしょうが、こうした気になる獣舎を中心に、ガイドに沿って周って楽しんでください。

→HP「夜の動植物園」スポットガイド(8月24日)

こども動物園のなかよし広場では、近所の小笹幼稚園のお友達が、灯ろうを作ってくれました。

夜になるとこんな感じでとっても素敵なんですよ♪
皆さん、ありがとうございました!


こども動物園近くの遊戯施設も…、

夜にはこんな感じでライトアップ!

その前にある旧動物科学館内は、こども向けの出店があってお祭りモード。

う~ん、おいしそう…。
ちなみに出店のラインナップは日によって変わります。
来園してのお楽しみ♪ですね。

皆さんのお越しをお待ちしています!
→HP 夏恒例「夜の動植物園」を開催します。

《お客様へお願い》
周辺道路は渋滞が予想されます。
駐車場の台数も限られていますので『夜の動植物園』へは、公共交通機関でお越しください。皆さまのご協力よろしくお願いいたします。

・地下鉄大濠公園駅前~植物園正門を往復する無料シャトルバス“ZOOバス”を運行します。
合わせてご利用ください。
 「無料シャトルバス運行情報」(下記にリンクあります)をご覧ください。
→無料シャトルバス"ZOOバス"運行情報



2019年8月19日月曜日

オランウータンとシロテテナガザルに氷のプレゼント

夜の動植物園の8月3日,10日,17日に,同じ獣舎にいるオランウータンとシロテテナガザルに氷をプレゼントしました。

その時の様子を動画でご紹介します。

氷を床にたたきつけて割るオランウータンの「ミミ」。(3日)

氷を投げる「ミミ」。(3日)

氷に入ったフルーツを取り出そうとするシロテテナガザルの「キナコ」。(10日)

氷が冷たいのか,氷をつかめないでいるシロテテナガザルの「アイ」。(10日)

「ミミ」が氷を割って「キナコ」がフルーツをGET!(17日)

氷を巡る「ミミ」と「キナコ」の攻防。(17日)

オランウータンとシロテテナガザルへの「氷のプレゼント」は8月24日と31日にも実施します。

※氷のプレゼント
 オランウータン・シロテテナガザル 8月24日・31日 9時30分~(獣舎1階)

ぜひ動物園でご覧ください。

2019年8月18日日曜日

正しく知ろう!ヒアリワークショップ

8月11日(日曜日)に動物情報館ZooLabにてヒアリについてのワークショップを行いました。
博多港でも2017年にヒアリが発見され、ニュースなどで頻繁に取り上げられ話題になりましたね。
近年、危険生物として知られるようになった「ヒアリ」ですが、どんな姿をしているのか、なぜ危険なのか、皆さんご存知ですか?

ヒアリ…南米原産で、体長は 2.5mm~6.0mm ほど。体は赤茶色をしている。
性質は攻撃的で、集団で襲いかかってくる。強い毒をもつ。
近年、経済発展に伴う物流の流れの中で生息域を広げ、北米、中国、オーストラリアなどでも定着。 日本では定着はしていないが、特定外来生物とされている。

ワークショップの講師にはヒアリ研究の第一人者、九州大学ヒアリ研究グループ代表の村上貴弘 准教授をお招きしました。
まずは「ヒアリを何も見ずに描いてみて」と先生。
  

アリにはいくつ脚があるのか、どこから脚が生えているのか、触覚の形はどうなのか?大きさはどのくらいか?などなど、思ったより書けないものです。

さて、アリの体のしくみについて知った後は、実際に村上先生が台湾での調査で採取された「ヒアリ」の標本をポータブル顕微鏡で観察します。

ヒアリはとても小さく、取り出すのも一苦労の様子でした。

みんな真剣です!

どんな顔?どこにハリがあるかな?




ヒアリの特徴を覚えておくと、見慣れない虫を見つけても、ヒアリかも!?とあわてなくてすみますね。

<簡単な見分け方>
・触覚の先端が2節だけ太い。
・胸とお腹をつなぐ腹柄(ふくへい)が2節になっている。
・お尻に針(ハリ)がある。
・口顎に突起がある。(肉眼での観察は難しい)

 
ヒアリをじっくり観察した後は、先生が現地調査の際にヒアリに刺されて薬指が腫れた写真などを紹介いただきました。
(この後、泣く泣く結婚指輪をペンチで切ったそうですよ)

ヒアリの怖いところは毒性に加えて攻撃性の高さでもあり、ほとんどの場合、集団で攻撃される(刺される)ことが多いそうです。刺されると激しく痛み、患部は大きく腫れます。
ときには「アナフィラキシーショック」と呼ばれるアレルギー反応が生じることも…。

ヒアリの他に、先生がこれまでの調査研究で刺されたアリ数種の標本も、実際に観察することができました。
一番痛かったのは、「パラポネラ」という、アリの最大種とのことです。
また、クイズ形式で楽しくヒアリのことを学ぶことができました。

Q,ヒアリの女王アリは1日に最大何個の卵を産めるでしょう?
A,1日1500個!!とてつもない繁殖力です。

Q,ヒアリの被害で本当にあったことは?
1) 子牛を食べる
2) コードをかじって火事にする。
3) コードをかじって停電にする。
4) 農作物を食べる。
5) おうちの庭に巣を作ると家の値段が下がる。

A,正解は...全部なんですって!

様々な年代の方が参加し、楽しみながら学ぶことができました。

ワークショップの最後には、万が一、ヒアリが体に這い上がってきたときの落とし方を学びました。
その名も「ヒアリダンス」!
  
手で払いのけるようなことをするとヒアリは怒って攻撃してくるため、振り払って落とします。
福岡チャンネルに、動画があるので、ぜひ見てみてくださいね。
→ヒアリ特別講座:エンディング_ヒアリダンス


ヒアリは現在日本に定着していません。ヒアリの姿や毒性など、正しく知ることで必要以上に恐れることが無くなりますし、ヒアリと間違えて在来種の昆虫が犠牲になることも避けられますね。
※もしヒアリかな?と思ったら、触らずに地元の区役所など自治体に連絡してくださいね。

先生の言葉の中に、「ヒアリだけが悪者なのではありません。」というものが心に残りました。
人間が行う物流の中で連れてこられてしまった生きものという見方も大切にしたいですね。

今後も、現在も各地の港で発見されているヒアリについて、関心を持っていただけると嬉しいです。
そして自身の足元の自然にくらす小さな生きものにも、どんな特徴があるのかな?と興味を持っていただけたらと思います。
(動物園の自然にも様々な昆虫がくらしていますよ)


■村上先生が監修指導されたヒアリに関する動画

→ヒアリ特別講座:第一章_ヒアリの特徴
https://www.youtube.com/watch?v=KAKKbN1GoCE

→ヒアリ特別講座:第二章_コンテナ開封時におけるヒアリの点検方法
https://www.youtube.com/watch?v=lm_PDLn-1tw

→ヒアリ特別講座:第三章_ヒアリかな?と思ったら
https://www.youtube.com/watch?v=vxU7UZSwi5U

(動物情報館 スタッフB)


2019年8月17日土曜日

ギフトショップ プチモンドより、おすすめ商品

昨年10月にエントランス複合エリアにオープンしました、ギフトショッププチモンド店

「プチモンド」というお店の名前の由来はフランス語で「小さな世界」という意味です。

店内は緑を基調に、お越し頂いたお客様が小動物になった気持ちで、草や木を見上げるようなイメージで作りました。

今回は大人の方におススメの商品を、3つご紹介したいと思います!

■波佐見焼きのお皿■

長崎県の波佐見町で作られている波佐見焼き。
近頃ブームとなっている波佐見焼きに、北欧のデザイナーによる動物の絵が描かれているのが特徴の商品です。

普段使いの出来るマグカップや様々な大きさのお皿を取り揃えております。
生活の中にちょっとした癒しアイテムはいかがでしょうか♪
・価格帯980円~2490円(税込価格)


■福岡オリジナルJuliaデザイン■

イギリスのアーティスト『ジュリア・ガッシュ』が、福岡のランドマークを基に作成した福岡オリジナルのデザインです。
彼女らしい感性で、福岡の街がシンプル、かつユニークに表現されています。
外国の方や、福岡に観光にお越し頂いた方へのプレゼントとして人気の商品なんですよ!

ミニタオル・クリアファイル・リユースボトル・コースター・ポーチ・ファブリックボードの他に、8月より新たに八女茶の商品を販売しました!!

JA八女さんにご協力頂き、全国でも有名な八女茶とコラボレーションした、ここでしか買えない商品です。
ご購入いただいた方には八女茶がもっと美味しくなるお茶の入れ方の説明をお渡ししております。
今の暑い時期にもぴったりな八女茶。
ご自宅用に、プレゼント用にいかがでしょうか♪

・ミニタオル・・・650円
・クリアファイル ・・・650円
・リユースボトル・・・1950円
・コースター・・・1080円
・ポーチ・・・1620円
・ファブリックボード・・・ 2490円
・福岡八女茶・・・1620円
(こちらは全て税込価格となっております。)


■コースター■

今の暑い時期に欠かせないのが水分補給!!
職場やご自宅でちょっと一息つきたいときに、かわいい動物に癒されてみませんか?

こちらのコースターは美濃焼で作られた特殊なコースターです。
水を吸収しやすい性質で、特殊なインクジェットで美濃焼きの上にデザインを入れた商品となっています。
現在、ギフトショップで販売している種類は18種類で、レッサーパンダやカワウソ、ペンギンなど様々な種類を販売しております。
価格は全て税込1080円となっています。

写真の3種類は福岡市動物園オリジナルの商品となっております。
先程ご紹介した福岡市のランドマークが描かれたコースターと、右の2点は、福岡出身のデザイナー泉優次郎さんに描いていただいた福岡市動物園限定のコースターです。
(泉さんはNHKの連続テレビ小説『わろてんか』のOP映像のイラストなどを手掛けられています)

美濃焼なのでご自宅用にはもちろん、プレゼントにもおススメ!な商品です。

このほかにも、ギフトショップ プチモンドではぬいぐるみや生活雑貨・玩具などを取り揃えております。
動物園を回られた帰りに、思い出として残るようなお店を目指しています。

またレストランと合わせて、入園料がなくても立ち寄ることができる区域でもあります。
福岡市動物園近くにお越しの際は是非お立ち寄りください♪

→HP「ギフトショップ プチモンド」

(プチモンド スタッフN)


2019年8月16日金曜日

明日(8/17)は夜の動植物園3回目♪

明日、8月17日は夜の動植物園も第三回目となります。
まずは先週の様子から♪

日中の熱い時間帯には、動物たちに氷のプレゼント。

暑さの苦手なレッサーパンダに飼育員が氷で器を作りました。
だけど、氷よりその手に持ってるリンゴ🍎の方が気になるわ~、な二頭。

ひんやりリンゴを召し上がれ♪

大好きなリンゴは氷の器にも入れてもらったようですね。

こちらはオランウータンとシロテテナガザルへの氷です。
おっき~い!

シロテテナガザルのメス、キナコは氷に興味津々です。
それにしても、どげんして食べたらよかっちゃろうかねぇ。

そんな中、オランウータンのオス、ミミがエイヤ!と氷を放り投げました!

なんと、あんなに大きかった氷が見事に割れております。

おかげで食べやすくなりました♪

オランウータンとシロテテナガザルへの氷のプレゼントは明日(8/17)もあります。
開園すぐになりますので、お間違えのないように。
(動物たちへ氷のプレゼントは終了しました)

その他、動物ガイド盛りだくさんです。
暑い日が続きますのでタイムスケジュールをHPでご確認の上、無理のない範囲でご来園くださいね。
→HP「夜の動植物園」スポットガイド(8月17日)


日が暮れるのも早まり、夜のワクワクが高まります。


日中はこんな感じのフラミンゴたちも…、

ライトアップされて幻想的です♪

他にも、ヤマネコ舎、

ペンギン舎、

キリンの寝室♪

などなど、夜ならではの動物園となっております。
ぜひ、お越しください!

《お客様へお願い》
周辺道路は渋滞が予想されます。
駐車場の台数も限られていますので『夜の動植物園』へは、公共交通機関でお越しください。皆さまのご協力よろしくお願いいたします。

・地下鉄大濠公園駅前~植物園正門を往復する無料シャトルバス“ZOOバス”を運行します。
合わせてご利用ください。
 「無料シャトルバス運行情報」(下記にリンクあります)をご覧ください。
→無料シャトルバス"ZOOバス"運行情報