2019年6月29日土曜日

ツシマヤマネコの「むー」

現在,展示していない「むー」の様子が飼育員から届きましたのでご紹介します。


福岡市動物園では現在10頭のツシマヤマネコを飼育しています。

その中から今はヤマネコ「あおば」を展示していますが、昨年まで展示棟で皆さんに見て頂いていたヤマネコ「むー」は繁殖棟で元気にしています。

あいかわらず食欲旺盛でカメラにも興味深々。


2019年6月28日金曜日

ツシマヤマネコの赤ちゃんが生後2か月経ちました

4月15日に生まれたツシマヤマネコの赤ちゃんは生後2か月が経過しました。

担当飼育員から子ネコたちの様子が届きましたのでご紹介します。

もう大人のネコと同じ餌の馬肉や鶏肉を食べるようになりましたが、母乳もしっかり飲んでいます。

餌をしっかり食べて、よく運動をして、ぐっすり寝て元気一杯に日々成長しています。
子ネコ同士のじゃれ合いは結構激しく、見ていて少し心配になるくらいですが

時々母ネコが仲裁に入っています。

野生のツシマヤマネコは約半年ぐらい母ネコと一緒に生活をして、その後はそれぞれ単独生活になります。動物園でも母ネコと一緒に過ごす時間は限られていますが、出来るだけたくさんの愛情を母ネコからもらって元気に育って欲しいと思います。

2019年6月24日月曜日

レッサーパンダ「マリモ」の誕生日ガイド🍎

本日(6/24)はレッサーパンダのメス「マリモ」の誕生日です。
そこで、一足早く22日(土)にお誕生日特別ガイドを開催しました。

今年で11歳になる「マリモ」は立ってリンゴをほおばる姿が人気です。

レッサーパンダの大好物はリンゴ。
誕生日ケーキもリンゴ100%🍎
そしてロウソクに見立てたのは笹の新芽♪
「ちゃんと11本立てました!」と飼育員。


昨年に引き続き、花の冠もプレゼント♪
しかしながら、花よりリンゴなマリモはお花に興味なし…。

そのリンゴケーキを一心不乱にほおばっている間に、花冠をon!
するとどうでしょう、『プリンセス マリモ』な姿に,「カワイイ~」とお客さんたちもメロメロです。

その時の様子をインスタグラムにアップしました。
→福岡市動物園Instagram


が、しかしリンゴがなくなると、つかさず催促🍎
プリンセスタイムの短いこと…。

もう、たくさん食べたやろ~。

お花よりもリンゴ🍎の残り香の方が気になるマリモなのでした~。

飼育員とのやりとりに毎度のことながら、ほっこりします。
レッサーパンダの寿命は約13年と言われていますが、まだまだ元気なマリモの愛くるしさ全開のガイドとなりました。

集まってくださった皆様、ありがとうございました。

改めて、マリモさん、お誕生日おめでとう!
今年一年、元気に過ごし、来年またお祝いしてもらましょうね♪


さて、今度は7月5日がお誕生日のレッサーパンダのオス「ノゾム」です。
ノゾムく~ん、起きて~!

結局、マリモの誕生日会には姿を見せてくれず、室内でうとうとしていたノゾムでしたが、こちらもお誕生日会を開催しますので、よかったらお越しください♪

--------------------------------------
《レッサーパンダの「ノゾム」の誕生日会》​
日時:2019年7月5日(金曜日) 11時00分~
場所:レッサーパンダ舎
内容:飼育員が「ノゾム」についてのお話をしながら、大好物のリンゴをプレゼントします。
詳しくはHPをご参照ください
→レッサーパンダ「ノゾム」7歳のお誕生日会を開催します
--------------------------------------
当日どなたでも参加できます。
開始時刻までに獣舎前へお越しください。

※天候不良や動物の体調により内容を予告なく変更・中止することがあります。あらかじめご
了承ください。

2019年6月21日金曜日

動物園写真コンテストは6月30日が締め切りです!

5月1日より作品募集中の「福岡市動物園写真コンテスト」。
いよいよ今月の30日までが応募締切となります。
そこで昨年度(2018年度)の優秀作品を、少しご紹介します。

最優秀賞はこちら!
タイトル「大きくなったら、ライオンになりたい。」
ヒョウのメス、サナがまだまだ幼く、一瞬の表情を切り取った可愛らしい写真♪


こちらは園長賞。
タイトル「Looks like victoria」
オウギバトの冠羽が、まさにビクトリア女王のように美しく印象的な作品。

他、特選では以下のような写真が入選しました。

タイトル「水浴」
トラのオス、カイの水浴びの様子です。


タイトル「午後のひととき」
オランウータンのオス、ミミの穏やかな表情を映した写真です。



タイトル「きもちいい~、ありがとう」
マレーバクのブラッシング風景。


「角影にウットリ」
バーバリーシープがかっこよく映ってますね。


「待ち遠しい春」
ニホンザルが暮らすサル山での一コマ。

毎年、親子やご夫婦、学校の部活動などで参加してくださる方も多いこのコンテスト。
入選作品は動物園カレンダーに使われることもありますよ。
お手持ちの素敵な写真をぜひ、ご応募ください!

プリント作品での受付となります。

  • カラー又はモノクロで2Lサイズ以上A4・四つ切りまで(ワイド可)。
  • トリミング,色調整は可。
  • 銀塩・デジタルどちらでも可(コピー用紙での出力不可。組み写真や加工不可。)

詳しくは以下のリンクをご覧ください。
→HP「第42回動物園写真コンテスト作品募集」

作品はおひとり様3点以内、郵便でも動物園の案内所へ持参でも受け付けております。
気軽にご参加ください。

2019年6月13日木曜日

今週末は「オウム・インコデー」特別企画を開催します!

6月15日は、「06」オウム「15」インコの語呂合わせで「オウム・インコデー」です。


ペットとしてもなじみのあるオウム・インコたちですが、実は絶滅のおそれのある希少種が多くいることをご存知でしたか?
現在、福岡市動物園で飼育しているオウム・インコは10種類ですが、うち9種類がワシントン条約に掲載されており、危機的状況にあります。
そんなオウム・インコたちの現状を、もっと知ってもらおうと、特別企画を開催します!

 1.オウム・インコ特別ガイド

当園に暮らすオウム・インコの紹介をはじめ、野生での現状などについて担当飼育員が解説します。
今回は、特別に飼育員によるエサやりも行う予定です。エサやりでは、オウム・インコたちの器用な一面が見られるかもしれませんよ。



実施日:2019年6月15日(土曜日)
時間:11時00分~
場所:北園 大型オウム・インコ舎

※天候や動物の体調などにより、変更・中止になる場合があります。 

2.インコやオウムついてくわしくなろう!インコ・オウムのプラバン工作

動物情報館ZooLabでは、インコやオウムについてのお話を聞いたあと、プラバンを使って、福岡市動物園にくらすインコやオウムたちのキーホルダーを作るワークショップを開催します。お話は、クイズ形式で楽しく学ぶことができますよ。



実施日:2019年6月15日(土曜日)、16日(日曜日)
時間:13時00分~/15時00分~ ※各回45分ほど
場所:動物情報館ZooLab 多目的コーナー
定員:各回20名
対象:どなたでも
※小さなお子様は保護者同伴
料金:無料
受付:当日9時から両回の整理券配布
※整理券は、動物情報館ZooLab 多目的コーナー前にて配布

みなさんのご参加をお待ちしています!