2018年10月18日木曜日

おしゃれなレストラン登場♪|新エントランス施設の楽しみ方!その4

本日は,新エントランス施設のレストラン「カフェ ラソンブレ」と「ギフトショップ プチ モンド」をご紹介します♪

まずは,レストラン「カフェ ラソンブレ」






こちらは,カフェテリア方式のレストランで,とーーーってもおしゃれ♪
一足先の内覧会で,都会的な雰囲気にびっくりされた方も多かった様子!

しかしながら,光や水といった自然の恵みをイメージしたとのことで,落ち着ける場所になっていますよ。
ゆっくり休憩しながら,食事や会話を楽しんでいただけたらと思います。

ここで,ちょっとだけメニューをご紹介しちゃいます!


華味鳥のシュニッツェル
「シュニッツェル」って何?と思われた方…。
説明しましょう!シュニッツェルとは…,カツレツのことです!

その他にも

冷製明太クリームパスタサラダ


伊都物語のソフトクリーム
などなど地元の食材を使ったメニューがたくさんありますよ。


さ・ら・に!
こちらは,店内には物販エリアもあります。

続いて,「ギフトショップ プチ モンド」をご紹介。


こちらには,動植物園の来園の記念になるようなグッズが揃っています。



こちらは福岡市動物園の人気者,ロープを口でくわえてグルグルと回って遊ぶコツメカワウソの「げんた」をモデルにしたぬいぐるみです。
「げんた」が口でくわえる姿が再現?できるように,口がクリップ代わりになって物をはさむことができるようになってます。


こちらは,オリジナルデザインの美濃焼のコースターです。
デザインは,福岡出身のデザイナー泉優次郎さんです。
かわいいイラストのコースターで,デザインも2種類あります。

どれもこれも素敵で迷ってしまいますね~。

そして,このレストラン「カフェ ラソンブレ」と「ギフトショップ プチ モンド」は,入園のお客様以外でもご利用いただけますので,気軽にお越しください。


なお,エントランス施設オープンに伴い,現在の中央食堂は19日(金)までの営業となります。
科学館横食堂(こども動物園横食堂)は,今後も営業します。

2018年10月17日水曜日

え!本物?骨格標本|新エントランス施設の楽しみ方!その3

今週末10月20日(土)に福岡市動物園の新しいエントランス施設が,いよいよ一般公開します。

エントランスに入ってすぐの「動物情報館ZooLab(ズーラボ)」でお迎えしてくれるのは,アジアゾウの骨格標本!
迫力満点,インパクト大ですよ!!


他にもキリンやトラ,ダチョウなどの骨格標本も展示されています。


キリンなど一部の骨格標本は,園内の動物科学館からお引越ししたものです。
ズーラボで見ると,なんだか大きく見えるような…?


そして展示との距離が近いのもズーラボならでは♪
皆さん,思わずさわりたくなっちゃう距離感ですが,お手をふれないようにお願いしますね。

新エントランス施設のオープン(一般公開)に関する詳しい情報は以下のリンクよりご確認ください。

福岡市動物園HP↓

福岡市動物園の新エントランス施設を10月20日にオープンします。

オープンまで後3日!
皆さま,どうぞご来園の予定をお願いします♪

2018年10月16日火曜日

ZooLab(ズーラボ)の体験ブース♪|新エントランス施設の楽しみ方!その2

昨日に続いて、動物園の新エントランス施設を紹介します。
『動物情報館ZooLab(ズーラボ)』には4つの体験ブースがあります。
※写真は一般公開に先行して行われた報道関係者,動物園近隣校区の方々への内覧会の様子です。

オレンジ色の壁に囲まれた約3メートル四方のお部屋になります。
1Fのフロアからスロープや階段を上って行くことができますよ。

こちらのブースは「クルクルひょうほん」。

標本が展示されたテーブルを回すと,その標本の動物情報が映像で流れ出します。
毛皮のマイクロスコープ画像や,標本の部位にまつわるトリビアなど,動物の体のことや生息地の環境とのつながりを学ぶことができますよ。


続いては,「なきごえアート」
伝声管(マイク)に向かって動物の鳴きまねをすると,ブース内のスクリーンに声の波形が出現。
その波形が動物の姿へと変化していきます。
登場する動物はライオンやアヒルといった,なじみのある動物から,フンボルトペンギンやマレーバクなど意外な鳴き声の動物まで様々です。
さて,お友達の声からはどんな動物が現れるかな?
鳴き声から福岡市動植物園にいる動物たちを知ってくださいね。


そして「パクパクひろば」
こちらでは仮想の自然を舞台に,生態系のつながりを体を使ってシミュレーションできます。
こんな風に,スクリーンの前に立つと自分の影の形に植物が出来ていきます。
当園のおじさんスタッフだと味気ないので,カワイイお友だちとバトンタッ~チ^^

その植物を草食動物が食べることで数が増え,さらにその草食動物を肉食動物が食べて数を増やします。
肉食動物が多くなると草食動物が減り,エサもなくなってしまうので自分の影で植物を増やして量を調整することで,バランスのとれた生態系を作っていきましょう。

がんばって草を増やして~。

最後に,うまくバランスのとれた生態系を作ることができたか点数が出ますよ。
ご家族,お友達,カップル,皆さんで力を合わせて楽しんでください!


最後に紹介するのは「ズーチューバー」
仮想の動画サイトから見たいムービーを選ぶと,福岡市動物園の動物たちをモチーフにしたユニークな動物キャラクターたち“Zoo-Tuber(ズーチューバー)”が登場!
彼らの生態を面白トークで紹介してくれますよ。
登場するのはキリンの『MC☆キリリン』。
ペンギンの『ペーン&ぺペン』。
カバの『カバリーナ・ヒポポタマス』。
チンパンジーの『チンパン博士』。
このような一風変わったズーチューバーたちがクイズ形式で問いかけてきます。
動物トリビアを楽しく学んでくださいね。

遊びの中から学べる仕掛けが盛りだくさんの『動物情報館ZooLab(ズーラボ)』にぜひお越しください。

明日もまだまだ紹介しますよ~。
お楽しみに!

新エントランス施設のオープン(一般公開)に関する詳しい情報は以下のリンクよりご確認ください。

福岡市動物園HP↓

福岡市動物園の新エントランス施設を10月20日にオープンします。



2018年10月15日月曜日

新エントランス施設の楽しみ方!いよいよ10/20(土)オープン!

今週末10月20日(土)に福岡市動物園の新しいエントランス施設が,いよいよ一般公開!!


新しいエントランス施設には,総合案内所や入園門(動物園正門)の機能のほかにも,動物情報館ZooLab(ズーラボ)やレストラン,ギフトショップも入り,皆さまに,より動物園を楽しんでいただけるような施設です。

早速,新しいエントランス施設の楽しみ方をご紹介していきますよ~♪

まず最初にご紹介するのは,「動物情報館ZooLab(ズーラボ)」です。
「動物情報館ZooLab(ズーラボ)」の目玉は,最新デジタルコンテンツで動物たちや動物園のことを学ぶことができる体験コーナーや体験ブースです。

今回は,2つの体験コーナーのご紹介♪

まずは,エントランスから入ってすぐにある「いきものマップ」。
福岡市動植物園の立体イラストマップになっていますよ!


例えば,手元の魚のイラストのボタンをタッチすると,マップ上に魚を食べる動物たちが現れます。そして,スクリーンに魚を食べる動物たちの紹介映像が流れます。


ボタンは,4つでそれぞれ,食べ物,模様,特徴,植物を選べるようになっています。
ここで園内や動物たちのことを知っておけば,より楽しく園内を回ることができそうですね!


そして,楽しそうな音楽♪が聞こえてくる「どこからバス」。
こちらは,動物園内を旅しているような感覚で,動物たちの生息地や野生での生活を学べますよ。
見学に来た飼育員たちも,興味深々です!


バスの車窓からは,園内の獣舎が次々に登場!
見たい獣舎で,「とまります」ボタンをキチンと押してください。バスですからね♪
押さないと素通りしちゃいますよ~。


停車すると,動物の解説がはじまります。さらに,映像は園内から生息地へとひとっとび!野生での暮らしを紹介します。園内での様子と比べて,共通点や違いを探してみるのも,面白そうですね。

さて,今回はここまで!
まだまだ,ご紹介することがたくさんありますよ♪次回をお楽しみに~!!

2018年10月9日火曜日

ヤマネコ祭、満員御礼!😸


福岡市動物園では,10/7,8日の二日間にわたり,ヤマネコ祭を開催しました。
たくさんの方にご参加いただきました!


特別ガイドでは,福岡市動物園のツシマヤマネコの繁殖への取り組みや,野生で生きるツシマヤマネコをご紹介♪
また,現在ツシマヤマネコ舎で飼育している「むー」(オス)の話も行いました。


ツシマヤマネコに関するクイズ大会では,お子さまはもちろんのこと,大人たちも負けずに参加してくれました!


自宅からツシマヤマネコのぬいぐるみを持ってきて,参加してくれたお友だちも!


「むー」も,クイズ大会の様子を見守っています。


参加者の皆さんからは,対馬での保護活動への応援メッセージをたくさんいただきました。



ネコ型のタペストリーにも,真剣な様子でヤマネコの顔を書き込んでくれましたよ。


メインイベントの「みんなで子ネコの名前を決めよう」では,今年の5月に生まれた双子のツシマヤマネコ(オス,メス)の名前を2つの候補から選んでいただきました。
1日目のイベントでは,オスの子ネコの名前が「あおば」に決定しました。2日目は、メスの子ネコの名前が決定します。さて,何になったでしょうか??

結果は…,

「ゆり」に決定!!!
投票には多くの方にご参加いただきましたが,なんと,その差はわずか2票でした!これから,子ネコたちを「あおば」,「ゆり」と呼んでくださいね。


メスの子ネコの名前「ゆり」の由来になった「オウゴンオニユリ」をここで少しご紹介したいと思います。
対馬にのみ自生する非常に貴重なユリで,こちらも保護活動が進められています。
福岡市植物園でも,6月下旬の開花時期に合わせて展示をしています。来年の開花時期には,是非ご覧ください。


今回,投票に参加してくださった方には,抽選でツシマヤマネコグッズをプレゼント。お渡ししたグッズは,中央食堂と科学館横食堂の売店でも取り扱っています!ご興味のある方は,のぞいてみてくださいね。


見事特賞に当選した男性は,対馬で購入したというツシマヤマネコ手ぬぐいを頭に巻いてのご参加でした。おめでとうございます!「子ネコたちには,これからも元気に育ってほしいです」との素敵なコメントをいただきました!

ツシマヤマネコづくしの二日間,参加していただいた皆さま,ありがとうございました。
このイベントを通して,対馬の自然や野生で暮らすヤマネコたちなどへの思いが深まることを願っています。


お隣の獣舎には,対馬の天然記念物ツシマテンが展示されています。こちらも訪ねてみてくださいね。

2018年10月7日日曜日

ヤマネコ祭だ!わっしょい!わっしょい!😸

今日(10/7)と明日(10/8)の2日間,福岡市動物園では,「ヤマネコ祭2018」を開催しています。
ツシマヤマネコに関するクイズ大会やメッセージボードなどから,ツシマヤマネコに親しんでもらうための二日間です。


本日,ヤマネコ祭1日目は,台風一過で晴天に恵まれ,たくさんの皆さまがお越しくださいました。
(対馬の皆様,台風は大丈夫だったでしょうか…。)


中には,ヤマネコファッションで遊びにきてくださった方も…!


「対馬にすむ『とらやま』たちと,『とらやまを守る人』たちにメッセージを送ろう!」ということで,イベント中,ツシマヤマネコ舎前にメッセージボードも設置。
たくさんの方がメッセージをお寄せくださいました!

※『とらやま』とはツシマヤマネコの別名になります。


そしてメインイベントとして,今年の5月に生まれた双子のツシマヤマネコ(オス,メス)の名前を参加者に選んでもらいます。
本日はオスの名前を決めましたよ♪

対馬の野生生活保護センター,スタッフの皆さんによる名前候補から選びます。


「あおば」と「春妃(はるき)」の二択です。
どちらも思いのこもった素敵な名前ですね。

お客様の投票数で名前を決定します。

そして,決定した名前は…




「あおば」!です!!!

この名前の由来は、誕生日が国民の祝日「みどりの日」で,その由来である「自然に親しむ」や「緑」にちなみ,新緑の季節のみずみずしい葉の意味を込め,「あおば(青葉)」としました。
とても素敵な名前ですね。



そして!決定した名前「あおば」に投票してくださった方の中から,抽選でツシマヤマネコ関連グッズをプレゼント!!


特賞はツシマヤマネコ「ランチボックス」ですよ〜!
誰に当たるか,ドキドキですね〜!!



見事,特賞が当たったお友だち,おめでとう!!!

明日はメスの子ネコの名前を決めますよ~。
どなたでも参加できます。
動物園ツシマヤマネコ舎前でお待ちしています♪
詳しくは以下のリンクよりご確認ください。
→HP「10/8(月祝)は「ヤマネコ祭」♪」