2020年9月24日木曜日

動物慰霊祭を開催しました


今年も動物愛護週間(9月20日〜26日)にあわせて「動物慰霊祭」を開催し、この1年間に亡くなった動物たちの慰霊を行いました。

この1年間で、ほ乳類1031頭、鳥類1823羽、は虫類35匹が亡くなりました。(令和元年9月~令和2年8月)

シロテテナガザル(メス)「アイ」

2019年9月12日に推定年齢40歳で死亡。

1993年入園。飼育期間 26年7ヶ月。


アラビアオリックス(オス)「ジョリー」

20191015日に16歳で死亡。

2005年入園。飼育期間 14年4ヶ月。


ビルマニシキヘビ(アルビノ・メス)

2020年6月5日に死亡(年齢不詳)。

2010年入園。飼育期間 10年4ヶ月。


亡くなった動物たちを愛してくださった皆さま、ありがとうございました。

これからも皆さまと動物たちが一日でも長く一緒に過ごせるよう、スタッフ一同励んでまいります。

2020年9月23日水曜日

世界サイの日!こどもシロサイたちの名前発表!

 9月22日は、「世界サイの日」です。

この世界サイの日にちなんで、昨年12月13日にやってきたシロサイのこどもオス・メス2頭の名前お披露目ガイドを開催しました。

9月1日~9月13日に名前公募を行ったところ、園内では896票、インターネットでは1,023票、合計1,919票もの応募をいただきました。たくさんのご応募、本当にありがとうございました!!

皆さんからご応募いただいた名前は、どれも素敵な名前ばかり!職員一同頭を悩ませましたが、その中から2頭のサイにふさわしい名前を選ばせていただきました。

決まった名前について、オスの名前には22票、メスの名前には117票の投票があり、その中から抽選により決定した、名付け親の方々を園にご招待しました。

それでは、いよいよ名前の発表です!

決定した名前は…、


オスは「ミライ」!


メスは「ミナミ」です!

「ミライ」という名前には、未来が明るくなるように、長生きしてくれるように、という願いが込められており、

「ミナミ」という名前は、南アフリカから来た南公園のミナミシロサイだからという理由で、この名前を付けていただきました。

続いて、名付け親さまに今回イベントに協賛いただいたキューサイ株式会社より、「キュー”サイ”お楽しみセット」の贈呈です。

皆さんおなじみの青汁や化粧品など、約28,000円相当がプレゼントされました!ちなみに、キューサイさんの青汁は、動物園の動物たちも飲むことがありますよ。

さらに、こども動物園横食堂より、サイのぬいぐるみと巾着、動物園より命名記念写真を贈呈しました。

この可愛いすぎるぬいぐるみと巾着は、こども動物園横食堂で取り扱っていますので、ぜひ覗いてみてくださいね!

素敵な名前をありがとうございました!

これからは、ミライとミナミと呼んでくださいね。

命名披露のあとは、職員以外では初めてとなるサイたちへのブラッシング体験です!

ゴシゴシ…、気持ちよかったかな?

また、世界サイの日命名記念ということで、ガイドにご参加いただいた皆さんに特製リーフレットを配布しました。

このリーフレットでは、「ミライ」と「ミナミ」の紹介をはじめ、5種全てが絶滅の危機にあるサイについて学ぶことができます。

当面、動物情報館ZooLabでも配布します!ぜひご覧くだサイ!

2020年9月12日土曜日

「ZOO-1グランプリ」明日9月13日14時放送!

CBCテレビ「サンドウィッチマンの動物園飼育員さんプレゼン合戦 ZOO-1グランプリ」に、福岡市動物園の動物たちが出場、飼育員がプレゼンします!
ぜひ、ご覧ください!!


イケメンライオン部門:ライオン「チャチャ丸」


ふるまいが人間のような動物部門:コツメカワウソファミリー

放送日:2020年9月13日14時~
福岡ではRKBで放送されます。

詳しくはこちらの公式HPをご覧ください。
https://hicbc.com/tv/zoo1/

2020年9月3日木曜日

【動物情報館ZooLab】どうぶつ博多おはじきに絵付け体験!

みなさんこんにちは!


動物情報館ZooLabでは、8月22日(土曜日)、29日(土曜日)の2日間、福岡市動物園の動物をモチーフにした博多おはじきに絵付けをするワークショップを開催しました♪福岡市動物園での開催は今年1月以来2回目です。


博多人形伝統工芸士の宮永誉さん、田中勇気さん、永野繁大さんのお三方を講師にお招きいたしました。


どうぶつ博多おはじきの生地は、すべてお三方に制作いただいたものです。


博多人形伝統工芸士さんの優しい指導のもと、生地に一つ一つ丁寧に絵付けしました!



みなさんそれぞれ思い思いに色や模様を工夫して、自分だけのおはじきを完成させてくれました!


22日はアミメキリン、マレーグマ、フクロウの3種類、


29日はマレーバク、デマレルーセットオオコウモリ、ミナミシロサイの3種類でした。
ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました!

また、会場では福岡市動物園の動物をモチーフにした博多人形の展示も行いました。

ミナミシロサイ 宮永誉さん作


ビルマニシキヘビ 田中勇気さん作


オランウータン 永野繁大さん作(一点物)

博多人形に興味のわいた方は、博多伝統工芸館HPを覗いてみてくださいね!
博多伝統工芸館ホームページ

2020年9月2日水曜日

シロサイのこどもたち名前募集開始!!

令和元年12月13日に南アフリカ共和国より来園したミナミシロサイのこどもオスとメス1頭ずつの名前募集を開始しました。

実は今年の3月頃に名前募集を行う予定でしたが、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により延び延びとなってしまいました。来園者の方から、「名前はまだ決まっていないの?」という声を多くいただいていましたが、お待たせしました!

応募方法は以下の2種類です。
①園内 動物情報館ZooLabでの応募
インターネットでの応募
期間:9月1日(火曜日)9時 ~ 9月13日(日曜日)17時まで
※園内応募の場合、休園日を除く


動物情報館では、シロサイたちの紹介パネルや動画を見ながら、名前を考えることができますよ。

動画は、youtubeでもご覧になれますので、動画を見ながら、じっくり良い名前を考えてください。

また、今回、"サイ"つながりということで、福岡市に本社があるキューサイ株式会社に協賛をいただいており、名付け親となった方には副賞として、キュー"サイ"お楽しみセットを贈呈します!!

農薬・化学肥料不使用のケールが原料の『ザ・ケール』をはじめ、青汁嫌いな社員が開発したという、美味しく飲みやすい『ケールdeキレイ』、ケール葉エキスを保湿成分として配合した化粧品ブランド『スキンケールド』シリーズなど8点を詰め込んだセットで、お子さんから大人まで楽しんでもらえる商品詰め合わせですよ!

さらに、名付け親の方には、名前発表当日に動物園に無料ご招待し、サイのブラッシング体験もしてもらっちゃいます。

シロサイたちは、飼育員にブラッシングしてもらうのが大好きですが、飼育員以外でブラッシングをするのは初めてなので、とても貴重な体験となるはずです!

応募についての詳細は、福岡市動物園ホームページのお知らせをご覧ください。
ミナミシロサイは、飼育下での寿命が40~50年と長生きの動物ですので、みんなが愛着の持てる素敵な名前をお待ちしています。
ぜひ、応募してくだサイ!!!

2020年8月23日日曜日

締め切り間近|動物画コンクール作品募集

今年はコロナ禍により、いつもと違う夏休みだったのではないでしょうか。
この時期恒例の「児童および幼児動物画コンクール」ですが、
今年も例年通り作品募集を行っております。
締め切りは8月末まで。
小学生以下のお子さんたちが描いた動物の絵で、
画材や動物の種類はなんでもかまいません。
サイズは四つ切画用紙の大きさです。
福岡市動物園にいる動物や、風景など、自由に描いて、
園へ郵送または持参してください。
では、去年(2019年度)の入賞作品の一部を紹介します。

★日本動物園水族館協会 会長賞★
田中 楚乃さん(当時小学5年生)
細かなところまで丁寧に描かれた力作です。
★福岡県知事賞★
田代 ひよりさん(当時小学6年生) 
チャチャ丸とネネでしょうか。
水彩画ですがリアルなタッチです。


★福岡県教育委員会賞★
木村 雄大さん(当時4歳) 
キリンがのびのびとしていますね。
とても大きく感じた様子が伝わってきます。

このように、毎年、個性豊かな絵が集まります。
画用紙を総合案内所にて1人1枚、無料で配付もしています。
この機会にぜひ、ご応募ください。

<募集締め切り>
8月31日(月)まで
※最終締め切り日は休園となりますので、持参の方は9月1日(火曜)まで受け付けます。

<応募方法>
郵送または持参してください。
(持参の際は、各門にて受付可能 ※休園日にご注意ください)
住所:〒810-0037 福岡市中央区南公園1番1号
TEL:092-531-1968(総合案内所)

●画材は、クレヨン・水彩・パス類など画材は問いません。
●画用紙は、四つ切り。(380mm×540mm)
●作品の裏に、学校(園)等団体名・学年・年齢・氏名(ふりがな)・住所・電話番号を必ず記入してください。(園児は所属する所名,組名も記入)

詳しくはHPにてご確認ください。