2018年12月10日月曜日

冬の放鳥舎🐤

昨日は,福岡も最高気温が10度を下回って,冬らしい寒い1日でした。
そんな中,放鳥舎に行ってみました。
一部の木も葉が落ちて,枝だけになっている木もあって,鳥たちの姿も確認しやすくなってます。

ちょっと見慣れないこんな鳥もハッキリと。
名前わかりますか?
答えは,ホオアカトキです。

色鮮やかなショウジョウトキの姿もハッキリ。

綺麗ですね。

その他にも…

ソデグロバト。

こちらはキンミノバト。
冬なので,枝にとまった鳥たちもちょっぴりふっくらと冬仕様になってますね。

しかし,今回もアオバトを発見できず…

ちょっと水も冷たそうに見える池にもいろんな鳥たちがいます。

ベニバシガモ。

マガモ

ベニバシガモとユリカモメ。

カワウ。
などなど,いろんな種類の鳥たちがいます。

ちょっと夏とは違って見える放鳥舎も楽しいですよ。

2018年12月5日水曜日

動植物園のクリスマス🌲今年もモミの木登場!

早いもので,もう12月。今年も残すところ一ヵ月ですね!
福岡市動植物園でも,年末に向けてクリスマスの装飾を行いました。




エントランス施設には,モミの木が登場!


本物のモミの木なんですよ。


オーナメントで飾り付けました。


出来栄えは,いかがでしょうか?
造花にはない温かさがありますね♪


植物園入口では,職員お手製の小さなおうちや丸太のサンタがお出迎え。
このおうちにはドアがあり,ちびっこたちが中に入ることができますよ。


また,豪華な「育てるリース」も展示しています。
(12月22日まで展示されています)


こちらのリースは植物材料を根つきのまま使用しており,春まで花を楽しむことができるそうです。



動物園側売店の「ギフトショップ プチ モンド」では,ぬいぐるみたちがサンタさんに!🎅


これらの可愛いサンタさんの衣装は,ぬいぐるみと一緒に購入することができますよ。
お土産に是非どうぞ♪


それでは,皆さんも素敵なクリスマスを福岡市動植物園でいかがですか!

2018年11月28日水曜日

ごはんですよ♪シロテテナガザル🐵🐵

最近は,暖かくなったり寒くなったり不安定な気候ですが,
そんななかでも元気いっぱいな2頭のシロテテナガザルをご紹介します。




まずは,「アイ」(メス)です。
来園して25年になります。
豪快に綱渡りをしたり,タワーを駆け登ったりと,まだまだ元気いっぱいです。
黒っぽい毛並みが特徴です。


そして,「キナコ」(メス)。今年で9歳。
時おりアンニュイな表情でしゃがみ込んでる姿を見かけますが,
夜に運動場から寝室に帰ってこなかったりといったお転婆な一面もあり,人気者です。
明るい茶色の毛が特徴です。


2頭は親子ではないんですが,とても仲が良く,お互いの毛づくろいをしたり,寒い日には一緒にヒーターの前で暖をとっていたりします。

それではお待たせしました!
そんな2頭のかわいらしいお食事シーンがこちらです。


「アイ」の高速ブルブルも必見です!!
ぜひ,ご覧ください!

それでは,寒暖の差が激しい日が続いていますが,皆さま,体調を崩さないようにご自愛ください。

2018年11月20日火曜日

ひと足早い勤労感謝の日♪

勤労感謝の日よりひと足早く,ご近所の幼稚園児たちが動物園へ労をねぎらいに来てくれました♪可愛らしい歌や踊りを披露してくれましたよ。



スタッフも笑顔で終始なごやかな雰囲気でした。


「いつもお仕事,ありがとうございます」と,うれしい言葉も。



心のこもった手づくりの首飾りや感謝状もいただきました。

飼育員への質問コーナーでは,「動物が病気になったらどうするんですか?」などの質問が飛び出しました。なお,福岡市動物園には,動物病院があり獣医が治療を行いますよ。


園児の皆さんには,動物園からのお礼として,レッサーパンダ「マリモ」(メス)と「ノゾム」(オス)のお食事タイムを見学してもらいました。

おかげさまで,スタッフは皆元気をいただきました!
園児の皆さん,本当にありがとうございました。
また,いつでも遊びにきてくださいね!

2018年11月19日月曜日

冬でもポカポカ♪オランウータンの冬支度!

だんだんと寒い日が多くなってきましたね。
皆さん,もう冬支度はすみましたか?



今回は,オランウータン「ミミ」(オス)の冬支度をご紹介します。


元々熱帯で暮らすオランウータンは,寒さが苦手です。
そんな「ミミ」が冬でも快適に過ごせるようにハンモックを準備しました。
このハンモックは,飼育員のお手製なんですよ。
実は仕掛けがあって,上にヒーターが設置されています。


「ミミ」も気に入ってくれてるみたいです!


また,ショウガ湯を与えて,体を芯からも温めます。
ショウガ湯にはハチミツも入っていて,「ミミ」は大好きな様子。
ショウガ湯は,ペットボトルに入っているんですが,「ミミ」は器用にキャップを外して飲み干します。(写真はスポットガイドのイベントの様子です)


そして,ハンモックの隣に設置されたこちらは,サンドバック!?
…では,ありません!!
すでに目にしている方は,これの正体が気になっていたのではないでしょうか?

これは,袋状になっていて,中にエサを入れて使用します。
「ミミ」が採食時間を少しでも長く楽しめるようにと工夫されたものです。

器用にこの中からエサを取り出して食べている様子を動画でご紹介します。
こちら↓




それでは,皆さんも,寒い日には暖かくしてお過ごしくださいね。

2018年11月18日日曜日

動物サポーター限定企画「秋のバックヤードツアー」を開催しました♪

今日(11/18)は,秋のバックヤードツアーを開催しました。
このイベントは,動物サポーター限定で,参加者の皆さんに普段は入ることができないバックヤードに入り,飼育担当員のガイドを聞きながら,動物たちをより間近で感じてもらうツアーです。


コツメカワウソたちもバックヤードツアーが気になる!?

ツアーは,10班に分かれてのツアーになります。
それぞれの班に分かれて、ツアーがスタート。
今回もバックヤードツアーの様子をちょっとだけご紹介します。
ある班に同行しました。
まずは,集合場所の旧科学館を出て,アジア熱帯の渓谷エリアのスタッフ専用の通路へ。
普段は見れない場所から動物たちを見学。

こちらは,ヒョウの「サン」。

こちらのほうに近寄ってきてくれました。

こちらは,オランウータンの「ミミ」。
こちらが気になるのか,「ミミ」もこちら側に来てくれました。

いよいよ獣舎裏に入ります。

ここは,シロテテナガザルの寝室です。
近くのコツメカワウソたちは

見慣れない光景にちょっとざわついてる?

続いて,オランウータン舎。

普段見ることのできない「ミミ」の寝室をご案内。

寝室の中にも入ってみました。

そして、

オランウータンとシロテテナガザルのエサの説明。
これはシロテテナガザルの今日の夕食です。


夕食まではちょっと待っててね。

そして,最後はレッサーパンダ舎へ。



こちらは寝室です。

そして,屋内展示室へ。
こちらには,オスの「ノゾム」がいました。

ちょっとビビりな「ノゾム」も,だいぶ慣れてきた感じで,参加者の皆さんからリンゴをもらってうれしそう。

屋外展示場へ移動。

今度はメスの「マリモ」にリンゴを。

すると,「ノゾム」もリンゴの雰囲気を察して,寄ってきて,ちゃっかりとリンゴをもらっていました。

と,こんな感じで,参加した皆さんにいろんな動物たちを普段は見れないバックヤードから観察してもらいました。

ご参加いただいたサポーターの皆さん,ありがとうございました。

そして,今回当選されなかった皆さん,本当に申し訳ありません。

動物たちのエサ代を支援していただく「動物サポーター」制度。
特典として、こうしたイベントにも参加できます。
(今回ご紹介したバックヤードツアーは2,000円以上の寄付の方がご応募できます。申し込み多数の場合は抽選となります)

年2回のバックヤードツアー以外にも、2,000円以上の寄付をしていただいた動物サポーター様向けの限定企画として、毎月1回、「バックヤードガイド」を開催しています。こちらは当日申込制(定員多数の場合は抽選)です。

興味を持たれた方は詳しいことを以下のリンクでご確認ください。
HP福岡市動物園「動物サポーター大募集」

次回は来年の春に開催の予定です。
皆様のご参加をお待ちしています!