投稿

ツシマヤマネコの赤ちゃんが1頭生まれました!

イメージ
2022年5月15日(日)に ツシマヤマネコの赤ちゃんが1頭生まれました! 福岡市動物園では、2000年に飼育下で初めての繁殖に成功していて、 今回で通算57頭目の赤ちゃんの誕生です。 子ネコのお父さんはチョビ、お母さんは結(ゆい)です。 2022年2月9〜11日に交尾を確認しました。 【上:チョビ 下:結(ゆい)】 お母さんの結は、5月15日(日)未明に陣痛の様子が観察されて、 スタッフで出産を見守っていましたが、 なかなか出産せず、午前7時頃に帝王切開をすることになりました。 生まれた子ネコは、福岡市動物園では初めての人工哺育となりました。 子ネコの性別はまだ不確定です。   結が退院するまでの最初の4日間は、粉ミルクに加えて 1日1回子ネコに母乳も少し飲ませることができました。 まだ目も開いていない子ネコは 必死にお母さんの乳首を探して吸い付いていました。 結は、子ネコが乳首に吸い付いている時にはおとなしくじっとしていました。   生まれた時の子ネコの体重は83gでしたが、6週間が経過した今では570gを超えました! 子ネコには、ツシマヤマネコ班の飼育員6人で交代しながら哺乳をしています。 最初の1週間は1日8回、3時間おきにミルクを与えていましたが、 現在では1日3回になりました。 ミルクの時間には、まだ自力で排便排尿が出来ない子ネコのために、 陰部をガーゼで刺激してあげていましたが、 今では自分でおしっこやうんちができるようになりました。 歯も生えて、噛まれると少し痛くなってきました。 離乳食も食べ始めていて、ミルクは卒業間近です。 普通のイエネコとは違い、水が得意なツシマヤマネコらしく、 最近では水の中で遊んだりもしています。 いっぱい遊んで、いっぱい食べて、いっぱい寝て、どんどん大きく成長しています!   生まれた時よりもかなり大きく成長したとはいえ、 子ネコにはもう少しの間お世話が必要です。 お母さんの結も、スタッフも、 そして子ネコ自身も頑張って生まれてきた、小さな貴重な命です。 まだまだ気を抜かず、みんなで大事に育てていきたいと思います。   なお、誕生からの様子を福岡市動植物園公式YouTubeチャンネルでも 公開しておりますので、ぜひご覧ください! https://youtu.be/oz0OgEUF-z4 ツシマヤマネコ飼育担当

「ZOO-1グランプリ」6月28日19時放送!

イメージ
TBS系列放送「サンドウィッチマンのどうぶつ園飼育員さんプレゼン合戦 ZOO-1グランプリ」に、福岡市動物園のボルネオオランウータン「ミミ」が出場、飼育員がプレゼンします! ぜひ、ご覧ください!! 放送日:2022年6月28日(火曜日)19時~ 福岡ではRKBで放送されます。 詳しくはこちらの公式HPをご覧ください。 https://hicbc.com/tv/zoo1/

第45回動物園写真コンテスト締め切り迫る!

イメージ
現在、福岡市動物園の動物や園内風景を題材にした写真を募集しています。 プロ、アマ、年齢、住所は問わず、どなたでもご応募可能なコンテストです。 ただし作品は自身が撮影したものでお願いします! 募集締め切りは 6月30日(必着) です。 (詳しくはHPのリンク先をご覧ください。) →HPお知らせ『第45回動物園写真コンテスト作品募集』 それでは昨年度(2021年)の入賞作品の一部を再びご紹介します 推薦(最優秀賞)「愛し子」 ダイアナモンキー 撮影者:吉田 博己氏 ダイアナモンキーの子にスポットライトが当たっているようなプリント仕上げが群を抜いていた作品です。 園長賞「カメラ目線」 ツシマジカ 撮影者:若松 安子氏 ツシマジカの耳についているタグのカラフルさが効いた、着眼点がすばらしい作品です。 以下、特選です 「雨の日」 ニホンザル 撮影者:奈良 秀光氏 「シルエット」 シマウマ 撮影者:伊藤 蓉子氏 「社会科見学」 アムールトラ 撮影者:南 順子氏 「親子」 ダイアナモンキー 撮影者:北川 雅一氏 「あれはなんだ?」 ダイアナモンキー 撮影者:岡崎 ロレッタ氏 どれも当園の動物たちを、表情豊かに撮影してくださった作品ばかりです。 今年も皆さんの力作をお待ちしています!

アラビアオリックスのこどもの名前が決定しました!

イメージ
アシール(父)とミナ(母)のもとに、昨年6月29日に誕生し、まもなく1才を迎えるアラビアオリックスのこども(オス)の名前が決定しました! 6月3日~16日に名前の公募を行い、合計480票ものたくさんのご応募をいただきました。 素敵な名前を一緒に考えていただき、本当にありがとうございました! 皆さんからご応募いただいた名前は、どれも素敵な名前ばかりで、スタッフ一同悩みましたが、その中からふさわしい名前を選びました。 決まった名前には7票の応募があり、ご応募いただいた方の中から抽選により3名の方を名付け親としてご招待。 たくさんの来園者の方々が見守る中、本日、名前お披露目ガイドを行いました。 決定した名前は… 「アミール」です★ 名前の由来は、 ・アシール(父)とミナ(母)を合わせた名前 ・アラビア語で「王子」の意味 ※アラビアオリックスの生息地はアラビア半島です 他にはアシールやミナに関係する名前、“福” や “希望” を託すハッピーな名前が人気の名前候補でした。 こどもを大切に想う、気持ちの込められた名前が多く、たくさんの愛情で、元気にすくすく成長すること間違いなしですね。 名付け親の方には、こども動物園横食堂より、アラビアオリックスのぬいぐるみと名前入り缶バッジ、動物園より命名記念写真を贈呈しました。 名前お披露目の後は、名付け親の方たちにアラビアオリックス舎のバッグヤード見学をしていただきました! これからは、アミールと呼んでくださいね。 動物園に足を運んでアミールの成長をあたたかく見守っていただけると嬉しいです。

祝34歳!マレーバク「ジュリ」ご長寿記録更新♪

イメージ
5月31日は、マレーバクのオス「ジュリ」、34歳の誕生日でした。 国内で飼育されているマレーバクの中で最高齢となって9年、 さらに国内最長寿記録も更新しました! 次は世界ギネス記録かな? この特製バースデーケーキも恒例です🎂 材料は、パン、おから、りんご、ニンジン、ビワ、ブドウ、イヌビワの葉などなど。 ちなみにバースデーケーキは、「ジュリ」が国内最高齢のマレーバクとなった26歳のときから、毎年飼育員が作っています。 愛情がはみだして二つにわけました♡ ご長寿とは思えない食いっぷり! まだまだ元気なジュリです。 最後は来園者の方にブラッシングをしてもらい、ご満悦なジュリなのでした~。 来年も皆さんとお祝いできますように!

動物サポーター限定企画「春のバックヤードツアー」を開催しました♪

イメージ
 5月15日と29日(日曜日)に「春のバックヤードツアー」を開催しました。 このツアーは、動物サポーター限定のイベント(参加条件:2000円以上のご寄付・事前申込抽選制)で、参加者の皆さんには、普段は入ることができないバックヤードを見学していただきます。 飼育員のガイドを聞きながら、動物たちをより間近で感じることができるだけあって、大人気のイベントです。 そんなバックヤードツアーの一部をご紹介します! ツアーは10班に分かれて、それぞれで2~4種の獣舎裏にご案内します。 こちらはコツメカワウソ舎。 初めて入る獣舎裏に、参加者の皆さん興味深々で飼育員の話に耳を傾けていました。 エサがもらえると知ってか知らずか、激しく動き回るコツメカワウソに、お子さんはびっくり! シロテテナガザルの獣舎を抜けて、次はヒョウ舎へ。 お部屋と屋外を繋ぐ「シュート」と呼ばれる動物用の通路の説明を受けていると 屋外にいたはずのヒョウのルナ(♀)がひょっこり顔を出してくれました。 エサ(鶏肉)を食べる様子も見ていただきました。 ものすごい勢いと力強さで、エサをほお張るルナ。 こんなに間近で、ヒョウがエサを食べる様子が見られるのは貴重な体験ですね。 こちらはお隣のマレーグマ舎です。 なんとバナナにはウェルカムメッセージが♪ 獣舎内、エサの説明の後は、そのりんごを持って屋外へ。 飼育員が長い棒の先にりんごを付けてフィーダー(給餌器)に入れると… マチ(♀)が両手を上手に使い、食べ始めます。 動物サポーターの皆さん、その場に居合わせた来園者からは歓声が上がりました! こちらはシロサイ舎。 ブラッシングのお手伝いができたようですね♪ 最後はカバ舎。 人懐こいタロー(♂)、動物サポーターの皆さんと飼育員を見て 近づいてきてくれたかな? 動物サポーターの皆さんからは、最後までたくさんのご質問をいただき、 動物たちへの興味・愛情を感じずにはいれませんでした。 ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。 残念ながら今回当選できなかった方につきましては 次回のバックヤードツアーへのご応募をお待ちしております。 次回ツアーは、2022年11月の予定です。 (参加条件:2000円以上のご寄付・事前申込抽選制) ※詳細は追ってHPにてお知らせします。 年2回のバックヤードツアー以外にも、 2,000円以上の寄付を