2018年10月16日火曜日

ZooLab(ズーラボ)の体験ブース♪|新エントランス施設の楽しみ方!その2

昨日に続いて、動物園の新エントランス施設を紹介します。
『動物情報館ZooLab(ズーラボ)』には4つの体験ブースがあります。
※写真は一般公開に先行して行われた報道関係者,動物園近隣校区の方々への内覧会の様子です。

オレンジ色の壁に囲まれた約3メートル四方のお部屋になります。
1Fのフロアからスロープや階段を上って行くことができますよ。

こちらのブースは「クルクルひょうほん」。

標本が展示されたテーブルを回すと,その標本の動物情報が映像で流れ出します。
毛皮のマイクロスコープ画像や,標本の部位にまつわるトリビアなど,動物の体のことや生息地の環境とのつながりを学ぶことができますよ。


続いては,「なきごえアート」
伝声管(マイク)に向かって動物の鳴きまねをすると,ブース内のスクリーンに声の波形が出現。
その波形が動物の姿へと変化していきます。
登場する動物はライオンやアヒルといった,なじみのある動物から,フンボルトペンギンやマレーバクなど意外な鳴き声の動物まで様々です。
さて,お友達の声からはどんな動物が現れるかな?
鳴き声から福岡市動植物園にいる動物たちを知ってくださいね。


そして「パクパクひろば」
こちらでは仮想の自然を舞台に,生態系のつながりを体を使ってシミュレーションできます。
こんな風に,スクリーンの前に立つと自分の影の形に植物が出来ていきます。
当園のおじさんスタッフだと味気ないので,カワイイお友だちとバトンタッ~チ^^

その植物を草食動物が食べることで数が増え,さらにその草食動物を肉食動物が食べて数を増やします。
肉食動物が多くなると草食動物が減り,エサもなくなってしまうので自分の影で植物を増やして量を調整することで,バランスのとれた生態系を作っていきましょう。

がんばって草を増やして~。

最後に,うまくバランスのとれた生態系を作ることができたか点数が出ますよ。
ご家族,お友達,カップル,皆さんで力を合わせて楽しんでください!


最後に紹介するのは「ズーチューバー」
仮想の動画サイトから見たいムービーを選ぶと,福岡市動物園の動物たちをモチーフにしたユニークな動物キャラクターたち“Zoo-Tuber(ズーチューバー)”が登場!
彼らの生態を面白トークで紹介してくれますよ。
登場するのはキリンの『MC☆キリリン』。
ペンギンの『ペーン&ぺペン』。
カバの『カバリーナ・ヒポポタマス』。
チンパンジーの『チンパン博士』。
このような一風変わったズーチューバーたちがクイズ形式で問いかけてきます。
動物トリビアを楽しく学んでくださいね。

遊びの中から学べる仕掛けが盛りだくさんの『動物情報館ZooLab(ズーラボ)』にぜひお越しください。

明日もまだまだ紹介しますよ~。
お楽しみに!

新エントランス施設のオープン(一般公開)に関する詳しい情報は以下のリンクよりご確認ください。

福岡市動物園HP↓

福岡市動物園の新エントランス施設を10月20日にオープンします。