2018年10月9日火曜日

ヤマネコ祭、満員御礼!😸


福岡市動物園では,10/7,8日の二日間にわたり,ヤマネコ祭を開催しました。
たくさんの方にご参加いただきました!


特別ガイドでは,福岡市動物園のツシマヤマネコの繁殖への取り組みや,野生で生きるツシマヤマネコをご紹介♪
また,現在ツシマヤマネコ舎で飼育している「むー」(オス)の話も行いました。


ツシマヤマネコに関するクイズ大会では,お子さまはもちろんのこと,大人たちも負けずに参加してくれました!


自宅からツシマヤマネコのぬいぐるみを持ってきて,参加してくれたお友だちも!


「むー」も,クイズ大会の様子を見守っています。


参加者の皆さんからは,対馬での保護活動への応援メッセージをたくさんいただきました。



ネコ型のタペストリーにも,真剣な様子でヤマネコの顔を書き込んでくれましたよ。


メインイベントの「みんなで子ネコの名前を決めよう」では,今年の5月に生まれた双子のツシマヤマネコ(オス,メス)の名前を2つの候補から選んでいただきました。
1日目のイベントでは,オスの子ネコの名前が「あおば」に決定しました。2日目は、メスの子ネコの名前が決定します。さて,何になったでしょうか??

結果は…,

「ゆり」に決定!!!
投票には多くの方にご参加いただきましたが,なんと,その差はわずか2票でした!これから,子ネコたちを「あおば」,「ゆり」と呼んでくださいね。


メスの子ネコの名前「ゆり」の由来になった「オウゴンオニユリ」をここで少しご紹介したいと思います。
対馬にのみ自生する非常に貴重なユリで,こちらも保護活動が進められています。
福岡市植物園でも,6月下旬の開花時期に合わせて展示をしています。来年の開花時期には,是非ご覧ください。


今回,投票に参加してくださった方には,抽選でツシマヤマネコグッズをプレゼント。お渡ししたグッズは,中央食堂と科学館横食堂の売店でも取り扱っています!ご興味のある方は,のぞいてみてくださいね。


見事特賞に当選した男性は,対馬で購入したというツシマヤマネコ手ぬぐいを頭に巻いてのご参加でした。おめでとうございます!「子ネコたちには,これからも元気に育ってほしいです」との素敵なコメントをいただきました!

ツシマヤマネコづくしの二日間,参加していただいた皆さま,ありがとうございました。
このイベントを通して,対馬の自然や野生で暮らすヤマネコたちなどへの思いが深まることを願っています。


お隣の獣舎には,対馬の天然記念物ツシマテンが展示されています。こちらも訪ねてみてくださいね。