2018年7月30日月曜日

サマースクールを開催しました!

今年も夏の人気イベント「動物園サマースクール」を開催しました。
このイベントは,小学4年生~6年生を対象にした飼育員体験で,例年夏休み期間中に開催しています。
今年は,7月26日と29日の2日間開催し,あわせて約100人に参加いただきました。
大人気のイベントで毎年抽選になっています。
応募いただいた皆様,本当にありがとうございました。


それでは,サマースクール当日の様子をいくつかご紹介します♪


こちらはキリン舎。
まず寝室の掃除です。

実は飼育員の仕事って掃除が重要なんです。
掃除をしながら,フンの状態を見て動物の健康を確認したり,動物の住空間を快適に保ったりと,動物を飼育する上でとても大切な仕事になります。


続いては,エサやりの作業。こちらも重要な仕事です。
まずは,エサの準備から。
獣舎横のアカメガシワの木を切ります。
それを見ているキリンのオス「ジュラ」は待ちきれない様子!


そして,いよいよエサやり体験♪
間近にみるキリンの迫力に子どもたちは大興奮!
担当飼育員から,大きな声を出すと,ちょっと怖がってしまう警戒心の強い「ジュラ」のことを聞いて,皆さんお約束をちゃんと守って,静かにエサやりの作業体験をしてくれました。

次は,マレーバク舎での飼育体験の様子です。

ここでもエサやり体験。
エサのおから団子をみんなで作成。


作ったおから団子を飼育員に指導されながら与えてみました。
マレーバクの口の中までじっくり観察できました。

こちらはモンキー舎。
ダイアナモンキーとブラッザグエノンへのエサやり体験は,リンゴとゆで卵。

モンキー舎に続いては,サル山の獣舎裏。
獣舎の構造の説明を聞き,いつも遊びに来ているだけじゃわからない、動物園のことを教えてもらいました。



午後からは,動物科学館のレクチャールームで獣医さんの話を聞きました。
(7/29は台風接近のため,午後の部は中止になりました)

午前中の飼育体験を班ごとにまとめる振り返りの作業です。
色々と体験したけど,みんなに伝えるように紙に書こうとすると難しか~。


他にも動物たちがどうしたら生き生きと暮らせるのか,自分のアイデアや思いを発表しました。

参加いただいたみんな、ありがとうございました!
このサマースクールが夏休みの宿題に役立つと良いなぁ。
そして素敵な思い出になってくれたら嬉しいですね♪