2019年8月1日木曜日

フンボルトペンギンの衣替え!

このところ、夏らしい暑さが続いていますね。
そんな中、福岡市動物園のフンボルトペンギンたちは、全身の羽毛が抜け替わる「換羽(かんう)」を迎えています。



「換羽」の時期には…、

まだらペンギンや、


色白ペンギン。


えり巻きペンギンなどなど…。
普段のペンギンたちとは違う姿を見ることができます!


ペンギンの羽毛は、古くなると防水・保温効果がなくなると考えられています。
防水・保温効果のなくなった羽毛では、海に入ってエサの魚をとることができません。
そのため、年に一度新しい羽に替わるのです。

およそ2週間で生え替わると言われていますが、じつはこの時期は、かなりの体力を使います。換羽前には、エサをたくさん食べて蓄え、いざ換羽がはじまるとエサをあまり食べなくなり、体力を温存するために、じっとしていることが多くなります。

換羽が終わると、いつも目にするすっきりとした姿になりますよ。
今年は、7月後半から換羽が始まっており、もうしばらくはご覧になれるかと思います。


今週の土曜日から始まる「夜の動植物園」でも、ペンギンのスポットガイドがありますよ。
→HP「夜の動植物園」スポットガイド(8月3日)

今の時期だけのペンギンたちの不思議な姿を見に、ぜひ動物園へお越しください!