2017年6月6日火曜日

動物たちも衣替えの季節です

6月になって,25度を超える夏日の日も多くなってきました。
そんな中,動物たちも毛が抜け替わり,夏仕様(?)になってます。



まずは,レッサーパンダの「ノゾム」。


これは厳冬期の「ノゾム」。
雪の中でも暖かそうなふわふわです。
こんな,ふさふさな毛に包まれたシルエットの「ノゾム」も毛が抜け替わって,こんな感じに。


ややスリムになりました。
そして,少し色白に?なったような気もしますね。

それと…



全身のシルエットがスレンダーになっただけじゃなく
冬は気持ち良さそうなふわふわシッポが自慢のノゾムでしたが…、


今ではこんな感じに!
これも夏を涼しく乗り切る動物の生態ですね。

続いては,グラントシマウマの「ミズキ」。


自慢の美しい縞々模様がちょっとだけ乱れた感じになってますね。

2016年11月24日に広島市の安佐動物公園から来園した当初から、まだ幼さの残るミズキには産毛がありました。
4月で二歳になり、大人のシマウマへと成長中なのと、毛の生え代わりの時期も重なって、ほわほわとした可愛らしい感じになっていました♪

これから夏本番になっていくので,動物たちも少しだけ夏対策,クールビスってとこでしょうかね。