2017年2月25日土曜日

熊本市動植物園の部分開園と復興を応援します!

平成 28 年 4 月 14 日,16 日に発生した平成28年熊本地震により施設被害を受けたため,休園が続いていた熊本市動植物園が本日2月25日から一部のエリアで部分開園されることとなりました。(→熊本市動物園部分開園について)

福岡市動物園では,そんな熊本市動物園より獣舎が被災して,飼育が困難になったウンピョウ2頭をお預かりしています。



そこで熊本市動植物園の部分開園初日の今日,福岡市動物園でもウンピョウ特別ガイドを開催しました。
ウンピョウは福岡で元気に暮らしていること、その元気なウンピョウの姿を通して熊本地震を身近に感じてもらえたら、そんな応援のメッセージを込めたガイドです。

まず担当飼育員より、ウンピョウ2頭が福岡市動物園に急きょ来園することになった当初の様子から、現在の飼育状況などの話をしました。



その後はおやつのエサやりです。
飼育員がメスの「イーナ」とオスの「ジュール」それぞれにおやつの馬肉を網越しにあたえると,2頭とも元気よく食べていました。

今日は特別にお客さまからもエサを与えてもらいました。

メスの「イーナ」と


オスの「ジュール」です。

熊本の皆さん,「イーナ」も「ジュール」もこのように元気にしています。
熊本に帰る日まで大切に飼育していきます。
そして1日でも早く、ウンピョウたちを熊本の皆さまにお返しできる日がくることを願っております。


そして,最後は参加いただいたお客様と一緒に「がんばれ熊本」とエールを贈りました。
(このエールとガイドの様子はKBCの「アサデス。九州山口」で3/2(木)に放送される予定です)

***

福岡市動物園では,熊本市動植物園の部分開園と今後の復興を応援する応援ポスターを作成しました。(→HP参照)
「動物はアートだ」のポスターシリーズの特別版として,「ウンピョウ」をテーマに,熊本市動植物園の情報とメッセージを入れたポスターです。


このポスターを通じて,熊本市動植物園の部分開園へエールを送るとともに,福岡市動物園でお預かりしているウンピョウが元気なことや,熊本の皆さまへ一日でも早くお返しできる日が来ることを願い,当園より熊本市動植物園全面復旧への応援メッセージを託しております。

今日は特別ガイドに参加いただいた方の中から20名にこのポスターをプレゼントしました。

そして,この応援ポスター(B2サイズ)を掲出して,福岡市動物園と一緒に熊本市動植物園を応援していただけるお店,施設,学校,幼稚園や保育園などを募集します。

《募集について》
ご協力いただけるお店・施設・学校(園)の方は店舗・施設・学校(園)名,担当者名を記載して,下記のアドレスに「熊本市動植物園応援ポスター応募」のタイトルでメール(zoo.pr@city.fukuoka.lg.jp)にてご応募してください。

※ポスターには数が限りがありますので,応募者多数の場合はこちらで選考させていただきます。
※福岡市内及び近郊エリアに限らせていただきます。
※申し訳ございませんが,今回は個人の方からのご応募は受け付けておりません。