2019年2月22日金曜日

今週末の24日(日曜)は「卵標本について知ろう! 卵の殻にデコレーションしてみよう!」

福岡市動物園では,は虫類や鳥類などの卵を標本として保管しています。
今週末の24日(日曜)に行われる「卵標本について知ろう! 卵の殻にデコレーションしてみよう!」のイベントでは,卵の世界を楽しく学ぶことができますよ。




講師は,福岡市動物園の”どうぶつデスク”の動物相談員です。
当園の飼育員として34年,動物相談員として7年の経験をもつ大ベテラン!
卵標本作りのスペシャリストでもあります。




標本作りでは,卵に穴を開けて,スポイトで中身を取り出します。さすがの手際のよさです!当日は卵標本作りの実演もありますので,直接ご覧いただけますよ。


作られた卵標本は,動物情報館ZooLabの体験ブース「クルクルひょうほん」に常設展示されています。
お越しの際には,覗いてみてくださいね。


今回のイベントでは,卵には種類によっていろんな形,色,大きさがあることや,なぜこの卵はこんな形なの?といった疑問にもお答えします。
上の写真は,左の大きいものが「オウサマペンギン」,真ん中が「フクロウ」,そして右がおなじみ「ニワトリ」の卵です。大きさや,形に違いがあることが分かりますね。


イベントの後半では,ニワトリの卵の殻に絵を書いたり,シールを張ったりして,オリジナルの作品を作ることができます。できあがった作品は,ケースに入れてお持ち帰りいただけますよ。

実施日 : 2019年2月24日(日曜)
時間  : 11時~ / 14時30分~ ※各回45分程度
場所  : 動物情報館ZooLab 多目的コーナー
定員  : 各回25名(整理券配布・先着順)
参加費 : 無料
※整理券を各回開始時間の2時間前より,会場の多目的コーナーにて配布いたします(先着順)

当日2月24日(日曜)は,天皇陛下御在位30年を記念し,無料開園いたします。
また,サル山の露天風呂の今シーズン最終日となります。
これを機会に,ぜひご来園ください。