2018年2月24日土曜日

【初開催】遊んで学ぼうファミリーフェス!

本日(2/24)、福岡市動植物園で「動植物園ファミリーフェス」を開催しました。
このイベントは、未就学のお子様のいるファミリーを対象に、小さなお子様が、保護者や兄弟と一緒に、動物や植物について楽しみながら学べるイベントを、と企画しました。




そして、福岡の幼児向け教室“レクルン”さんとクリエイティブ・ラボ“anno Lab”さんにご協力いただき、ワークショップやスタンプラリー、動物ガイドに絵本の読み聞かせなど、盛りだくさんのメニューとなりました。


こちらは福岡市動物園の動物(キリン,レッサーパンダ,シマウマ)のペープサートを親子でつくってもらうワークショップです。
みんな、小さなお手々でがんばりました!

双子のご兄弟でも、それぞれ違う表情の動物になりましたね。

可愛らしくできました。おうちに飾ってくださいね~。

こちらは「アニマルキューブであそぼう」です。
四角の箱(キューブ)に目や鼻,耳などをつけて動物たちの顔をつくって遊んでもらいます。

どのパーツをどこにつけたらお顔になるでしょうか。
親子で考えながら仕上げていきます。


出来上がった動物たちといっぱい遊んでくださいね~。


植物園でのワークショップは「フラワーゴーグルをつくって植物園を探検」です。
花や植物をのぞくためのフラワーゴーグル作りです。

おお、なんだか素敵なものができていますね。

ゴーグルをつくった後は,植物を観察だ!

植物園のスタッフとともに探検に出かけ、色んなお花をのぞきました♪
それにしても皆、真剣!


他には動物や植物が登場する「絵本の読み聞かせ」などもしていただきましたよ。
今日はお天気が良かったので二回目からは植物園の芝生広場に移動。
芝生広場で遊んでいたお子さんたちも、すいよせられるように読み聞かせの輪に参加していました。

また、植物園では福岡市内の園芸店“ふくおかフラワー”さんのご協力により、植物園でのイベントに参加されたお子さんに、お花をプレゼントしました。

これは「一人一花運動」の取り組みのひとつです。
市民ひとり、ひと花咲かせて、福岡の街を緑と花で埋め尽くそうという運動です。
難しいことはさておき、この機会にファミリーでお花を育てる楽しさを感じてくれたらうれしいですね。


動物園でもツシマジカにエサやり体験しましたよ。

おやつのリンゴやサツマイモをあげながら、シカのお口の中を観察してみよう!と飼育員。
エサを食べるときに触れ合う動物のあたたかさや動きに、びっくりしたり、喜んだりとお子さんたちは大はしゃぎ。

よくわからないけど、おいしいものがたくさん食べれて満足なツシマジカでした。


また、入園時に無料配布したウォークラリー用のマップも大好評。
動物や植物にまつわるクイズ付き。
この味わい深いイラストが素敵なマップは“anno Lab”さんによるものです。


スタンプを押したら、もれなくシールをプレゼント♪

スタンプはこんなかわいいツシマヤマネコです。
皆、植物園と動物園をがんばって歩いてくれました。


さらにさらに、“anno lab”さん製作の「動物の玩具動物玩具“Kumica”」で自由に遊べるスペースも動物科学館内に登場。


こんな風に、様々なパーツを組み合わせて動物を作っていきます。
かっこいい積み木に、お子さんだけでなく大人も遊んでいましたね~。

参加していただいた皆様、ありがとうございました。
これからもご家族みんなが楽しめるようなイベントを企画していきたいと思います。