2016年12月30日金曜日

「ノゾム」と「マリモ」の初めてのご対面♪

レッサーパンダのオス「ノゾム」(オス・4歳)が、
長野市の茶臼山動物園から福岡市動物園に
やってきたのが今年の4月10日。
早いものでもう8か月近くが過ぎようとしています。

そろそろレッサーパンダの繁殖期を迎えるということもあり,
「マリモ(メス・8歳)とお見合いさせてみます」と飼育員。
12月の休園日のとある月曜日の初めてのご対面の様子をご報告します。


これまで別々の部屋で生活していた二頭。
屋外に交代で出ているときにお互いの気配は感じていたのですが、
実際にご対面となるとどうなるのでしょうか。

初めてのご対面の様子は,ちょっと長い(約6分あります)のですが,
こちらの動画をご覧ください。


初めてのお見合いはこんな形で進みました。
解説してみると…

まずは先にノゾム」が屋外に。
屋内にいる「マリモ」は気づいてないのか,なかなか外へ出てきてくれません。

そして,ようやく外へ出てきたマリモが「ノゾム」のいる場所に近づくと…

気づいた「ノゾム」が「マリモ」に飛び掛かりました!

と思いきや、反対に「マリモ」に威嚇されちゃいました…。

その後,部屋に入っても,お互いが意識する状態が続きますが
なかなか距離は縮まりません。

というわけで飼育員が屋外展示場で2頭の仲を取り持ちます。

大好きなリンゴ作戦です。

まずは「ノゾム」にリンゴを与えていると「マリモ」も気になり登場。


大好物のリンゴが食べたい2頭は
仲人(?)の飼育員を挟んだ微妙な距離でのお見合いとなりました。


やや縮まったものの,この微妙な距離のままでリンゴを食べた2頭。

リンゴを食べ終えると,これ以上の距離は縮まらず…

なんとなく「ノゾム」が「マリモ」を追いかける…という形で終わりました。


本格的な同居は,年明けから。

これから2頭の中が進展していくこと
そして,カワイイ赤ちゃんの誕生を期待しましょう。

皆さん,応援してくださいね!