2016年11月12日土曜日

ヒョウの「キララ」お別れガイドを開催しました。

福岡市動物園で飼育しているヒョウのメス「キララ」(1歳)が、
平成28年11月21日(月)に愛媛県立とべ動物園へ転出することとなりました。


「キララ」は,平成27年4月24日に福岡市動物園の
オス「サン」とメス「ルナ」との間に生まれました。

「キララ」という名前も命名イベントで決めたり、
誕生日ガイドでは多くの皆さんにご参加いただくなど
本当に多くの方に親しまれ、可愛がっていただきました。

そんな「キララ」のお別れガイドを本日11月12日(土)に開催しました。


飼育員からは「キララ」が生まれた時のお話や
元気いっぱいおてんばに成長したエピソードなどが披露されました。

ガイド時には生まれた当時のこんな写真も。

生後約一週間。こんなに小さかったんですね~。


生後約一か月。
母、ルナの警戒心もずいぶんと和らぎ、
ようやく色々と検査ができるようになった頃だそうです。

生後半年。
ちょうど「キララ」と名前が付いたころです。

そして,今回「キララ」には


大好きなお肉のプレゼントもありました。

とべ動物園に行っても
みんなにかわいがってもらってね。

また,皆さんから「キララ」へのメッセージを募集しています。
ヒョウ舎と動物科学館にメッセージカードを置いていますので
「キララ」へのメッセージをお願いいたします。
「キララ」と一緒にとべ動物園へお届けします。
11月20日(日)まで受け付けています。
※メッセージの受付は用紙がなくなり次第終了とさせていただきます。

動物科学館では,「キララ」の生まれた当時の写真を、ささやかながら展示しています。
11月20日(日)まで展示予定です。


最後に今日のキララです^^
おかげさまでこんなに大きくなりました。

「キララ」は11月20日(日)まで福岡市動物園にて公開していますので
ぜひ会いに来てください。