2013年10月17日木曜日

新入りキナコの9月(後編)

シロテテナガザルの新入り「キナコ」のその後です。

*****

タキのおかげで展示室が少しは怖くなくなったキナコですが、
タキは屋内展示室だけでは不満です。

9月後半はキナコが屋内展示室、アイ&タキが屋外でオランウータンと過ごす日が増えました。
(高齢で目の見えないタムは寝室で過ごしてもらいました。)

ガラスの近くに置いたエサも取りに来るようになりましたが、
来園者よりもカメラを構えた飼育担当者が怖い…?

担当者はごはんをくれる人ですが、最も近づく人間でもあるので、
動物にとっては敵か味方か紙一重です。

アイとタキが担当者に近寄ったりエサを直接もらうところを見ることで、
キナコの警戒心が薄れることを期待しています。
(屋内展示室ではまだ手からエサを取ってくれません…涙)


ガラス越しに見るたくさんの人にも少しずつ慣れてきましたが、落ち着くのはやっぱり端っこ…
外にいるアイやタキを見ています。

 タキやアイもキナコが気になって様子を見に来ていました。


そんなこんなで9月も過ぎていきました。

次は屋外デビューか、アイとの同居。
どちらが先か決めきれなかったのですが遂に…!

*****
新入りキナコの10月 へ続く♪