2013年10月16日水曜日

新入りキナコの9月(前編)

新入りのシロテテナガザルのメス「キナコ」のその後です。
***** 

バックヤードにあるサブパドックでの1頭の生活もそろそろ卒業です。
次は来園者からも見える屋内展示室デビューです。

シロテテナガザル舎には屋内展示室と屋外の運動場がありますが、
屋内展示室に冷房はついていません。

屋内展示室は夏場、大きな扉と屋外への出入り用の小さな扉をあけて風を通しています。

キナコを屋内展示室に出すためにはそれらの扉を閉めないといけませんが
屋内展示室に慣れてから外にだすことに決めていたので)
今年は猛暑で扉を閉めると蒸し風呂になっちゃうので、
なかなか扉を閉めてキナコを屋内展示室に出せる日がありませんでした。

来園者から見えるということは、キナコにしてみればたくさんの人に見られることになりますが、
怖がりなキナコ、大丈夫かな?

キナコ自身が心の準備をしてから屋内展示室に出られるように、
慣れたサブパドックとつなげた状態にしましたが、予想的中…出ません。

サブパドックにいる間に、キナコは檻越しに旦那様になる予定のタキと
その母親のアイ、父親タムと顔合わせをしました。

タキはキナコに興味津々で檻にへばりついていました。
檻越しとはいえなんだかいいかんじです。

そ・こ・で

タキ投入!!

キナコとタキを一緒にだしてみました。

 2頭で追いかけっこしながらサブパドックと屋内展示室を走り回って、
その流れでキナコも展示室に出てくるようになりました。やっぱり一人は心細いよね。

なんとその日は夜もタキとキナコは一緒にすごしました。
あらあらすっかり仲良しで一安心です。
(これはテナガザルが部屋を移動するときに使う通路で、シュートと呼んでいます)


*****
長くなったので「新入りキナコの9月 後編」へ続きます♪