2018年8月26日日曜日

「夜の動植物園2018」4日目,動物ガイド裏話♪

昨日(8/25)は夏休み最後のサタデーニャイト,皆さま,いかがお過ごしでしたか?
夜の動植物園ももう4回目となりました。
ここで少しだけ,夜の動植物園ならではの裏話をご紹介♪

福岡市動植物園の夜,といえば『神出鬼没,ビルマニシキヘビの園内散歩』ではないでしょうか。
暗闇からぬっとあらわれる,ヘビを担いだ飼育員に遭遇した方たち,驚かせてごめんなさい。

ヘビさん散歩の途中に出会えた方は,こうして触れ合うことができます。
神出鬼没なだけあって何時にどこで出会えるかは運次第!
ヒントはこの写真ですかね。
暗くなってから,お散歩開始と推理できます^^


大変人気のビルマニシキヘビ。
登場するだけで,たくさんの人たちに囲まれ,親しまれています。
出会えるだけでもラッキー,こうして触れ合えたら,もっとラッキ~!!と思っていただけたら嬉しいです^^

このビルマニシキヘビ,実は体重が約25キロ!
飼育員は,毎週8歳くらいのお子さんを肩に載せて園内を歩き回っているようなものです。
というわけで途中,飼育員が写真のように休憩しちゃいます…。
そんな姿を見かけた時は温かく見守ってくださいね。


コツメカワウソのガイドでは,氷のプレゼントが行われました♪

氷の中には,エサのキビナゴが入っています♪
飼育員が氷を置くと,直ぐに興味深々で近寄ってきました。

可愛い顔して肉食の彼らは,俊敏な動きで,あっという間にエサを食べつくします。
氷付けにしておけば,ヒンヤリもするし,採食の時間が長くなります。

キビナゴ氷を家族総出で押したり,かじったりしていましたが…。

数分でプールに落とすことに成功!

氷はあっという間に溶け,解凍されたキビナゴを美味しそうに食べていましたよ。
コツメカワウソと飼育員の知恵比べはカワウソ一家の勝ち!ですねぇ。


他に,この日は夏休み最後ということもあり,夜の動植物園ポスターのプレゼントも行いました。
(配布場所は植物園『緑の情報館 1階』先着50名様)
手に入らなかった方,ごめんなさい!

会場には,ポスターのイラストを手掛けられた北村直登さんが登場する『夜の動植物園PV』も流れていました。
皆さん,じっくりとご覧いただいていますね。

夏休みは終わりますが,『夜の動植物園』は9月2週目までございます!
まだ行ってない!もう一度行きたい!!というあなた!
ぜひ,ご来園ください。
動物たちとお待ちしております!