2018年8月5日日曜日

夜の動植物園2018♪ 初日の様子

昨日(8/4)は,「夜の動植物園」の初日でした。
昼間の暑さも夕方には多少和らぎ,ほんの少し過ごしやすくなりました。

それでも今年は暑い!
こんなに暑い夏には冷たい氷!
まずは「氷のプレゼント」の様子です。

よっこらしょ,っと飼育員が大きな氷を抱えてやってきましたよ~。

ニャンと,リンゴの形🍎ではないですか!
リンゴの形をした氷の中には,さらに生リンゴが~🍎

氷よりもその手に持ってるリンゴを~,とおねだりするレッサーパンダのオス「ノゾム」。

じゃなくて,せっかく作ったこっちの氷ば食べんしゃい!

リンゴ氷の上に,生リンゴばトッピングしちゃるけん!

豪華リンゴづくしな氷♪ 良かね~♪
ちなみに,この氷を成型するのが大変だったとのことで,次回どんな氷になるかは神のみぞ知る…とのこと。
それも含めて楽しんでくださいね。


こちらはサル山のニホンザルたち。
特大氷の中に入っている果物をどうにかできないものかと,あれやこれやと格闘しておりました♪

このような『動物たちに氷のプレゼント』は次回(8/11)の『夜の動植物園』まで行います。
飼育員が動物たちのために作った特製の氷♪
その氷を楽しむ動物たちの姿は来週までですよ~。
→福岡市動物園HP「動物たちに氷のプレゼント♪」

氷のプレセントは夜の時間帯よりも少々早めの時間になります。
来園予定の方は,渋滞を避けて早めに動物園入りして,氷のプレゼントから楽しむのもおすすめですよ。

**

そして,いよいよ「夜の動植物園」の本番!
夜のZOOスポットガイドの様子をご紹介。

こちらはシマウマのガイドです。

シマウマの種類や,縞模様についてのお話をしました。

ん?もしやワタシのこと話してる?って顔したシマウマのメス「ミズキ」です。
飼育員が近くにいると,動物がこうして寄って来てくれるのもガイドならでは。


ツキノワグマのオス「ゲンキ」は普段と違う時間帯の人の気配に,ソワソワウロウロ。

ゲン~キ!と名前を呼ぶとこのスマイル。
この後のガイドでは,飼育員から美味しいゴハンをいただきました♪


こちらはこども動物園の「ふれあい」です。

モルモットをさわって(タッチング)動物の体温を感じてみました。
毛の流れに沿って,優しくタッチしてくださいね。


ツートンカラーが闇夜に沈む夜行性の動物といえばマレーバク。
ラストはこのマレーバクのガイドで終了となりました。


他にも,動物科学館のレクチャールームでは「4K映像上映会」。
今年もソニーストア 福岡天神店さんとのタイアップにより迫力ある映像に仕上がっておりますよ。
夜の動植物園開催日には,二回上映します。
飼育員の解説付きです!
お近くを回られる際は,ちょっと一息,ぜひご覧ください。


こども動物園のなかよし広場には毎年,動植物園のご近所という縁で小笹幼稚園のお友達が手作りした灯篭を飾っております。

夜が更けるとこんな具合です。きれいですね。
作ってくれたお友達や小笹幼稚園の先生方,ありがとうございました!


去年好評だった,福岡市動物園オリジナルのスムージー“スムーZOO”(ローフードマイスターの宮村ゆかりさん監修)を今年も販売します。
健康的な食生活を送る動物たちをお手本にしたフルーツたっぷりのスムージー。
チンパンジー・サイチョウ・マレーグマの3種類を中央食堂にて販売します。
(夜の動植物園開催日のみ,夕方からの販売/1日各20杯)
※売上の一部は動物たちのエサ代として寄付されます。


他にも植物園には今年初!キッチンカーが登場しています。
小腹がすいたら、ぜひご利用ください。


夕方,外に出ていたキリンも…,

日が暮れるとお部屋の中です。

ライトアップされた放鳥舎もきれいですね。

他にも,夜の動植物園恒例「神出鬼没!は虫類出張ガイド」ではビルマニシキヘビが飼育員と一緒に園内をお散歩しました。
時間も場所もシークレットなこのガイドは、ヘビに出会えたらラッキー♪ということで、ぜひ運試しに来てください。

今回紹介したのは、ほんの一部でしたが、開催日にはこのように園内、様々な場所で動物のガイドが行われます。
各日,ガイドのラインナップが変わります。
当日のタイムスケジュールを参考に夜の動物園を楽しんでください。

※次回8/11(土)のスポットガイドは福岡市動物園のHPでご確認できます。
→福岡市動物園HP「8月11日(土)「夜の動植物園」スポットガイド」

ご来園いただいた皆様ありがとうございました。
このように,日中と違う幻想的な「夜の動物園」は夏だけのお楽しみです。
暑い日が続きますが,夕涼みを兼ねて,ぜひ遊びにきてください。