2019年4月19日金曜日

今日(4/19)は飼育の日!動物ガイド盛りだくさんな一日♪

4月19日は,4・19(しいく)の語呂合わせで「飼育の日」。
「飼育の日」は平成21年,動物園・水族館に関心を持ってもらうために(公社)日本動物園水族館協会が制定した日となります。

福岡市動物園でも通常のZOOスポットガイド(日曜・祝日開催中)よりもたくさんの動物ガイドを行いました♪

トップバッターはフクロウなど,猛禽類を中心としたガイド。
と言いながら写真はワシミミズク。
フクロウとの違いは耳のような羽角があること。

他にもコンドルなど大型の猛禽類(左)と,フクロウ(右)との羽の違いを感じてもらいました。


こちらはきれいな縞のグラントシマウマ。

シマウマは”ウマ”と名前にありますが,馬よりロバに近いことなど,興味深いお話がありました。
今日は天気もいいので「カミリ」(オス)も気持ちよさそうですね♪


こちらはヤギとヒツジへのエサやり体験。

ヤギとヒツジは,こども動物園エリアにあることもあり小さなお友達を中心に,小松菜をあげてもらいました。

午後一番のガイドはオランウータン。
こちらはオスのミミです。

ご飯とショウガ湯(濃いめ)を飼育員よりプレゼント♪
このペットボトルを器用に開けて食べる姿などを観察していただきました。


こちらはビルマニシキヘビ。
今日は暖かかったので,ちょっとだけお外に出てみました。

ヘビさんと仲良くなれたかな?


こちらはマレーバクのガイド。
写真はオスのジュリ。
ガイド中は飼育員にブラッシングしてもらったりと気持ち良さそうにしていました。

こちらはメスのユメコです。
ガイド参加者の前で,なぜか変顔のユメコ…。
(本当はもっとカワイイです。でもこの表情もカワイイ…。)


こちらはエミューとヒクイドリのガイド。

これはエミューの卵です。
こんな風に本物の卵にも触ってもらいました。


ラストはニホンザルたちが暮らすサル山。
飼育員が姿を現すとニホンザルたちが集まってきましたよ。

動物ガイドの後はエサやり体験でお客様からおやつのペレットをプレゼント。
期待通りのサルたち,大喜びでした♪

***

平日だったにもかかわらず多くのお客様にご来園いただき、ありがとうございました。

日曜日や祝日には,こうした動物ガイドを開催しています。
ぜひ飼育員のお話を聞きに来てください。
また,ゴールデンウィーク期間中は日替わりで動物ガイドを行う予定です。
各日の詳細は決まり次第,ホームページのイベント情報にアップしています。
→HP『イベント情報』

また動物園公式フェイスブックやLINEをフォローしていただくと,当園の情報を確認しやすいと思いますので,ぜひフォローをお願いします^^
福岡市動物園の公式フェイスブック
→公式LINEアカウント(@fukuokazoo)