2018年4月27日金曜日

本日4月27日は「世界バクの日」♬

4月27日は「世界バクの日」です。
生息地が開発のため減少し,絶滅が危惧されているバクの現状を多くの方に知っていただくために設立されました。


そこで、福岡市動物園では今年も「世界バクの日」にちなみ,マレーバク特別ガイドを開催しました。

飼育員がガイドを始めると,こんな風によってくる「ジュリ」(オス)…。

そこで,しかたがないので片手でブラッシングをしながらのガイドとなりました^^
パネルでは,アリクイとの違いやマレーバク以外のバクの種類についても説明がありました。


ちなみに「ジュリ」は日本で飼育されているマレーバクの中で最高齢です。
とにかくブラッシングが大好きな当園のバクたち。
飼育員が一生懸命お話してても「ジュリ」のおねだりはお構いなし。
そんな姿がほほえましいガイドとなりました。

その後は,参加いただいたお客様の中から,希望者の方にマレーバクのブラッシングを体験してもらいました。
最初は「ユメコ」(メス)からスタートしたブラッシング、その後は「ジュリ」にバトンタッチ!


写真だけ見ると,なんとも言えませんが,これがとても気持ちいいようで,ウトウト…。
良かったね,「ジュリ」。


ちなみに「ユメコ」もメスでは国内で飼育されているマレーバクの中で最高齢なんですよ。
写真は皆さんにブラッシングしてもらった後のご機嫌「ユメコ」です。
もっともっと元気に長生きしてね♪

世界的にも,貴重な動物であるマレーバクです。
皆さん,マレーバクにぜひ会いに来てください。
そして,彼らのおかれている現状にも思いを馳せていただけると幸いです。