2016年10月3日月曜日

ツシマジカの角切りを行いました

毎年恒例のツシマジカの角切りを行いました。

立派に成長したツノですが、



このままだと気性が荒くなったオス同士が突き合ってケガをしたり
、飼育員も攻撃されたりと危ないのです。
そこで角が一番成長する11月~12月の繁殖期を前に、角切りを行います。



休園日に南園担当飼育員と動物医療センターの総出で行うため、
いつもと違う雰囲気にシカたちは不安そう。



麻酔をかけるために獣医が近づくと、みんな逃げろ~とばかりに大移動。
ちなみにこのやり取り、一頭につき、小一時間はかかります…。



そして麻酔がかかっている間に手際よく角切り開始。
同時に採血や体に傷がないかといった健康チェックも行います。



こちらが角です。
これで,ツシマジカたちも安全に生活できるかな。


角がなくなり、すっきりというかなんというか・・・。
こんなツシマジカたちに会いに来てくださいね。