2015年10月20日火曜日

「児童および幼児動物画コンクール」の入選作品を展示中

今日から10月24日(土)まで、園内の動物科学館で作品の展示をしています。
(10月25日(日)には入賞者の表彰式を行います)

今年は600点を超える応募がありました。
ご応募いただいた皆さん、大変ありがとうございました。

全てが素敵な作品でしたが、その中から選ばれた入賞作品35点を展示しています。

こちらは動物園で行われた選考会の様子です。

審査員の先生と園長が、作品の間を行ったり来たりして悩んでいます。


例えば、これはヒョウだというのはわかるのですが、どんな姿勢なんでしょうか?
大人たちがこどものノビノビとした絵を前に頭を捻っています。


ほお、天井網のところでくつろいでいるサンですね、と園長。
みんな、おお~っと納得。さすがです!


こんな風に自由な発想と子どもならではの観察力にあふれた作品ばかりで、
楽しくも選ぶのに難航した選考会となりました。


もちろん応募作品には一点一点、全て目を通しています。
残念ながら今回、選にもれたお友だちも、来年またチャレンジしてくださいね。

入賞作品の展示は10月24日(土)までです。
10月25日(日)の表彰式当日は、同じ動物科学館の骨格標本の周りに場所を移して展示します。


動物園にお越しの際は、動物科学館にぜひお立ち寄りくださいね。