2015年10月12日月曜日

1歳になりました!コツメカワウソ4きょうだい。

今日はコツメカワウソ4きょうだいの1歳の誕生日。
そこで記念のガイドを行いました。

公開を始めた今年1月は水に入るのもぎこちなく、
無事に泳げるかひやひやしながら見守ってましたが、
今はすっかり大人たちと同じように自由自在に泳ぎ回って頼もしいかぎり。

公募でつけてもらった素敵な名前、「風(ふう)・空(くう)・桜(おう)・海(かい)」も
すっかり馴染みました。頭文字で「ふ・く・お・か」です。
(昨年12月撮影の4きょうだいです)


ところが最近、担当飼育員は少し困っています。
一見そっくりなコツメカワウソ家族ですが、やはりそれぞれに個性はあるもの。
普段は鼻先の模様や顔の形、動きなど、それぞれの特徴を見つけて個体を見分けています。

4きょうだいの中で一番目立つのは末っ子の「海(かい)」。
幼いころに何度か人工哺乳をしたためか、飼育員にも警戒心を見せません。
エサやりの際には、真っ先に飼育員の長靴にかみついてじゃれてきます。
他人のエサを奪うなど、ちょっと傍若無人ですね。

「桜(おう)」は、世渡り上手なタイプのようです。
飼育員がエサのササミ肉を与える際、母→父→兄たち→4きょうだいの順番で
与えることが多いんですが、兄たちより先にするっと肉を持っていくことがよくあります。
いつのまにか飼育員の足もとに入り込んでサッと奪う様子は鮮やかです。

(手前左が「海」、右が「桜」です)

そして「風(ふう)」と「空(くう)」。
この2頭、もともと見た目が似ていて鼻の模様の違いも非常に微妙です。
さらに最近、成長するにつれて顔の特徴も変わってきました。
性格も似ていて、どちらもちょっと用心深く奥手のようです。
この2頭の見分けにだんだん自信がなくなってきました…とほほ。


(手前左が「海」。右が「風」か「空」か…)


でも…安心してください、はいってますよ。
カワウソたちには一頭一頭、マイクロチップという小さな名札がつけられています。
専用の機械で読み込むと、一発で個体が判る仕組みになっています。

飼育員としてはちょっと情けないけど、
この際この道具の力を借りて、もう一度「風」と「空」の特徴を頭にたたきこもうと誓った、
コツメカワウソたちの誕生日でした。


本日ガイドに参加してくださったみなさま、どうもありがとうございました。