2013年8月27日火曜日

コツメカワウソの育児日記(その3)

コツメカワウソが生まれてもう2週間が過ぎようとしています。

そこで、これまでのコツメカワウソの成長記をまとめました。

悲しみを乗り越え、初めての子育てに頑張るリラお母さん&ふく太お父さん、そして担当飼育員の奮闘ぶりをご覧ください♪

今回は育児日記その3。育児12日目からです♪

**************************

■育児12日目(8月16日)
早速、朝にリラとふく太を外へ出して、子どもたちの目の治療をしました。

治療といってもまぶたについている目ヤニをふやかして取り、まぶたの中の膿を出して目薬をするという単純なものでしたが、
リラが子どもに何かをしているというのがわかったみたいで、子どもたちをかなり心配して鳴き続けていました。

↓この写真は育児4日目(8月8日)撮影↓

↓これは育児12日目(8月16日)撮影↓
担当者「デカくなったねー(涙)」

たった8日間ですが、すくすく成長しています。
もうハカリからはみ出していますね。
あとは目だけ治ってくれればいうことナシです。


■育児13日目(8月17日)
今日も朝から治療を行いました。

リラとふく太が心配する中、治療をしていきました。



ゆっくりではありますが、着々と成長しています♪

実は、人工保育をしていた子が目もすっかりよくなり、体重も兄弟と同じくらいまで増えてきたので、
今日家族のもとへ戻してあげようと思っていました。

が、戻す前に心配になり大阪・海遊館のコツメカワウソの担当の方に連絡を取り、いろいろと相談をしました。

その中で、目に異常が出ているのは寝床の乾草(エサの干草)の粉が原因かも。
と教えてもらったので、早速寝床の乾草を、海遊館で使用している麻袋へ変更してみました!

<寝床Before>


<寝床After>

担「こ、これでいいとよね・・・」

とりあえず麻袋を詰め込んでみました・・・

担当者もコツメファミリーも違和感アリアリで、最初は親も子も落ち着きませんでしたが、
しばらくすると落ち着いていました。


寝転んでいるのはふく太お父さんで、リラお母さんたちは巣箱の下にいます。
これで落ち着いてくれれば人工保育の子を家族に戻す予定です。


■育児14日目(8月18日)
前日、寝床を変えて育児に影響が出ているかもと考えながらも様子を見ると・・・
みんなほぼ普通でした。

変わったことといえば、子どもたちがまだなれていないのか、よく鳴いてふく太とリラを呼ぶことでしょうか。

体重も相変わらずのスローペースではありますが、成長しているので問題なしということで・・・



ちなみに心配していた子どもたちの「目」ですが、寝床を変えたせいか治療のせいか、かなり良くなっていました!

このまま完全に良くなってくれればいいですね♪

******************************

これで3回にわたってお届けしました「コツメカワウソの育児日記」は一旦終わりです。

みなさんのリクエストが多ければ、またいつか再開するかも!?

お楽しみに♪