2014年1月5日日曜日

マレーバク「ジュリ」は国内最高齢。そんなジュリの冬は・・・

東南アジアに生息するマレーバクにとって、冬は厳しい季節です。

また、当園のバクたちは、3頭とも高齢の部類になるので、寒さ対策が必要です。
(オスの「ジュリ」は現在日本で飼育されているマレーバクの中では、なんと最高齢の25歳です!)

晴れて暖かい日には外で運動をしてもらいますが、
寒い日には寝室の扉を開けっ放しにしています。

寝室にはヒーターを設置していて風も防げるので、寒い外よりは快適です。
掃除中は外で我慢してもらっていますが、掃除が終わり扉を開けると皆寝室に戻ってきます。
国内最高齢のオス「ジュリ」です。
メスの「ユメコ」とオスの「ジュムリ」は外に出たり寝室に戻ったりウロウロしていますが、
オスの「ジュリ」はほとんど寝室の中で温まっています。

メス「ユメコ」です。
オス「ジュムリ」です。
冬の間、マレーバクが外にでておらず見えにくい場合がありますが、
動物の健康管理のためどうぞご理解ください♪