2016年9月22日木曜日

今日9月22日は「世界サイの日」でした。

本日,9月22日は「世界サイの日」です。
この「世界サイの日」は,絶滅に瀕している現存するサイ5 種
(シロサイ,クロサイ,スマトラサイ,インドサイ,ジャワサイ)の
現状について,理解を広め,保護していくために,
2010 年に WWF(世界自然保護基金)南アフリカが提唱し、
翌年から世界的に活動が始まりました。

福岡市動物園では,ミナミシロサイのオス「ロック」を飼育しており,
この活動に賛同し,サイのことをもっと知ってもらうための
特別イベント「サイはっけん」を開催しました。


まずは,シロサイ舎にて担当飼育員による
サイの特徴や現状についてのガイドです。


今日は,50人を超えるお客さんがサイのガイドに参加いただきました。

ガイドが終わった直後に,雨が降り出すと
ロックはおうちの中へ入っていきました。

午後には,動物科学館で


実物のシロサイの骨格標本を見ながらの動物相談員から
サイについてのお話です。
この骨格標本とツノは以前,福岡市動物園にいた
シロサイの「ロッキー」のものです。


お客さんにもツノを持ってもらいました。
意外と重いんですよ,このツノ。
皆さん,ちょっとびっくりされてました。


やはり,ツノに興味あるお客さんが多くて
タッチしてました。


そして,動物のツノに関するクイズもありました。


動物科学館には,9月30日(金)まで
5種のサイの紹介や
サイが登場する絵本や本の紹介などの
パネルを展示しています。

また,福岡市総合図書館でも9月29日(木)まで
サイや絶滅に瀕している動物等に関する図書の紹介や
「こども図書館」でサイが登場する絵本の展示
を開催しています。

この機会に,ぜひサイについて,調べてみませんか?
そしてシロサイの「ロック」にも会いにきてくださいね。