2014年6月14日土曜日

ミミの災難

なんだか冴えない顔のオランウータンのミミ。



実は、ガムを踏んでしまいました…

「え?なんでガムを?」と思われるかもしれませんが、
以前から、園路に食べたガムが吐き捨てられていることがありました。

残念なことに、見下ろし型のオランウータンの運動場にも、落ちていることがあったんです。

今回は、暖かくなり柔らかくなったガムを踏んでしまい、ミミの足と毛にくっついてしまいました。

ガムがくっついた毛はベタベタになり、気にしていたので切りました。


ミミもちゃんとわかって、おとなしくしてくれたので安全に切ることができました。


ポイ捨てされたガムは踏んでしまうと踏んだ人も大変ですし、施設もとても汚れます。
ガラスにくっつけてあることも…本当に悲しいですね。

オランウータンはヒトに近い動物で、同じ病気にかかります。
ヒトが食べたものを飲み込んでしまうと…命にもかかわる可能性も。

皆さん、ルールとマナーを守って、動物園を楽しんでくださいね。

動物園スタッフ一同からの、心からのお願いです。