2020年12月28日月曜日

今年も一年お世話になりました🐭


本年、福岡市動植物園にお越しくださった皆さま、そして、個人サポーター、企業サポーターとしてご支援くださった皆さま、誠にありがとうございました。
動植物園は、本日12月28日(月曜日)から1月1日(金曜・祝日)まで休園とさせていただきます。

今年は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、世界中で様々な対応に追われる一年となりました。福岡市動植物園でも、緊急事態宣言を受けて、2020年4月8日~5月18日まで臨時休園いたしました。

その間、来園したばかりのミナミシロサイ「ミライ」と「ミナミ」や、

レッサーパンダ「ハルマキ」の初々しい姿、

生まれたばかりのキリン「ニコ」の成長の様子などを直接ご覧いただくことができなくなったため、いつもより多くブログやSNSで動物たちの様子を発信しました。ご覧になった方からは、「癒された」「元気が出た」といった声の他、職員への応援の声も多くいただき、励みになりました。


その後は、皆さまにマスク着用や咳エチケット、こまめな手洗い、隣の人と距離をとるなどのご協力をいただきながらの開園となりました。

皆さまには、ご不便をお掛けしますが、引き続きご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。


年始は、1月2日(土曜日)から開園いたします。

1月2日(土曜日)からは園内のウシ科動物たちを紹介する「2021年は丑年!ウシのなかまのパネル展」、1月3日(日曜日)には、シバヤギとアラビアオリックスの「新春干支ガイド」を行います。

→詳しくはイベント情報をご覧ください。

ヤギやヒツジ、オリックスについて、え?ウシ科なの!?と驚かれるかもしれませんが、ウシのなかまです!

※1月2日に実施している毎年恒例の動物園「新春福引大会」、植物園の「お年玉プレゼント」については、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、中止します。


来年も福岡市動植物園をよろしくお願いいたします。

皆さま、どうぞよいお年を!