投稿

2021の投稿を表示しています

【動物情報館ZooLab】キリン博士がやってきた!

イメージ
10月10日(日)、動物情報館ZooLabにて、キリン博士 郡司芽久(ぐんじ めぐ)先生による講演会「キリンのみどころ~動物園の楽しみかた~」を開催しました! 前日の10月9日には、福岡市科学館で「キリンのツノは何本あるの?」というテーマで講演会が開催されましたよ。 本来、この2つの講演会は8月の夏休み期間に開催予定だったのですが、臨時休園のため、10月の開催となりました。 今回、お越しいただいたのは「キリンの【8番目の】首の骨」について仕組みを解明した、キリン研究者で解剖学者、東洋大学助教の 郡司芽久(ぐんじ めぐ)先生!  キリンのことが知りたくて、これまでに解剖したキリンの数は世界一(かも)!?という、根っからのキリン大好きな先生なのです。 まずは郡司先生によるおはなしからスタート! 郡司先生が普段どのように研究を行うのかを教えてもらったり、 キリンのみどころを3つ教えてもらいました!実際にキリンを見た時に、観察したくなる楽しい情報がたくさん! みどころ①「目」 みどころ②「ウンチ」 みどころ③「ひづめ」 大きな体を支えるキリンの脚(あし)やひづめはとても大切な部分で、動物園でもケアをしていく必要があることも教えてもらいました。 キリンのみどころを知ったらいざ、キリン舎へ! みどころの3つめでおはなしいただいたトレーニングを実際に見学へ行きました! お天気にも恵まれ、今回はニコと父親のジュラのトレーニングを見学できました。 福岡市のキリンたちが現在行っているトレーニングは「ハズバンダリートレーニング」といいます。 動物たちの健康を管理する上で必要な処置をするときに、動物たちに無理をさせず、すすんで協力してもらえるようにするための動きを練習しています。今回、ニコとジュラは採血と爪切りに必要な動きを練習する様子を見せてくれましたよ。 講演会の最後は郡司先生と直接お話しできる、フリー質問コーナー! 大いに盛り上がりました! そして残念ながら、当日は時間の関係で受けられなかった質問を、ここでご紹介! Q.キリンのおっぱいは何個あるんですか?——小学4年生の参加者より A.後ろ脚のお腹側の付け根に2対(乳首は合計で4つ)、正方形っぽく並んであります。 (キリンにカメラをまたいでもらいました。囲った部分が反対側の脚の付け根にもあります。) Q.キリンの舌が青紫色なのはなぜ

「どうぶつ園のじゅうい」の講話を実施しました

イメージ
福岡市動物園では、福岡市内の小学2年生児童を対象に、国語科の題材「どうぶつ園のじゅうい」に関連した講話を行っており、10月14日に1回目を実施しました。 講話では、当園の獣医師から、動物の治療や病気の予防のこと、動物へのトレーニングや繁殖の取組みのことなど、色んな話を分かりやすく説明しました。 児童のみなさんは、興味津々でとても熱心に話に聞き入っていました。 講話の後は質問タイム。 「どんな病気が多い?」「一番苦労したことは?」「足の速い動物はどうやって捕まえるの?」などなど、たくさんの質問がありました。時間の都合ですべての児童の質問には答えられませんでしたが、多くの児童が手を挙げてくれ、たくさん興味を持ってくれたことがうかがえたので、こちらも嬉しくなりました。 このような環境教育に取り組むことは、動物園の重要な役割の一つと位置付けられており、より多くの人に動物園や動物について知ってもらったり、興味を持ってもらったりすることを目指しています。 今回の講話は、今年度は12月17日までの木・金曜日に、事前に申込をいただいたうえで、実施しています。詳しくは こちら をご覧ください。

福岡市動物園ギフトショップ プチモンドにて、ツシマヤマネコの新商品販売中!

イメージ
10月8日は「トラヤマ(ツシマヤマネコ)の日」ですね! 動物園正門にあるショップ「GiftShop PetitMonde(ギフトショップ プチモンド)」ではツシマヤマネコの新しいぬいぐるみが10月1日より仲間入りをしています。 その名も…「食物連鎖・ツシマヤマネコ」です!! 楽しみながら生物についての知識を深めていただきたい、という願いを込めて作られた「センスオブワンダーシリーズ」の新作です。 ツシマヤマネコ⇒アオダイショウ⇒ツシマアカネズミ⇒ツシマカブリモドキの順番に、お腹に入れることができるぬいぐるみになっています。 ぬいぐるみで表現したのはツシマヤマネコの捕食の一例ですが、生息地である長崎県対馬市で野生のツシマヤマネコがどのように暮らしているのか、このぬいぐるみをきっかけに興味を持っていただけたらと思います。 商品についているツシマヤマネコの紹介文は、福岡市動物園が監修しています! ツシマヤマネコは1994年に種の保存法により国内希少野生動植物種に指定され、福岡市動物園で生息域外での飼育と飼育下での繁殖が始まりました。飼育下で数を増やして野生にもどそう、という活動です。現在では同じ目的で全国の動物園や保護センターなどでも飼育されています。 繁殖を重視して生体を一般に公開していない時期もありますが、日本で初めてツシマヤマネコの飼育、繁殖の活動を開始した福岡市動物園での「トラヤマ(ツシマヤマネコ)の日」をお楽しみ下さい! 福岡市動物園にお越しの際はぜひショップにもお立ち寄りください♪ この商品は現在、福岡市動物園とよこはま動物園ズーラシアとAmazonで販売中です。

こどもカンガルーの名前を決定しました!

イメージ
今年2月から人工哺育中のアカカンガルーのこども(メス)について、ご報告します。 過去のブログはこちらをご覧ください。 https://fukuokazoo.blogspot.com/2021/05/blog-post_17.html こどもカンガルーは、体毛が綺麗に生え揃った4月くらいから、内外の環境慣らしやカンガルーとして生きていくためのステップアップを行ってきました。 7月初旬からカンガルー舎に連れていき、他のカンガルーとの顔合わせと同居を始めました。初めは短時間で先輩カンガルーも警戒度マックスでしたが、少しずつ同居時間を長くしていく毎に、お互い慣れてきたようです。 8月になると離乳の練習をはじめました。まずはリンゴやパンなどカンガルーが好みそうなものから与えましたが、なかなか食べませんでした。 それでも、根気強く続けていくと、成長とともに口にする種類がだんだん増え始め、今では牧草や青刈りといった他のカンガルーと同じごはんを少しずつですが、食べるようになりました。 9月中旬には、採食、排泄、他の個体との関係性など、同居の基準をクリアしたため、丸一日カンガルー舎で過ごさせてみることにしました。 初めての日は不安もありましたが、特に問題もなかった為、これ以降カンガルー舎での生活が始まり、同時に袋生活の卒業の日となりました。 10月には体重が5Kgを超え、立派に成長しました。しかし、あと数カ月はミルクが必要なので、人工哺育を続けます。これが必要なくなった時、私たちの母親としての仕事は終了となります。約7カ月、こどもカンガルーの成長を見守ってきて、今では本当のこどものような存在です。 こどもカンガルーには「あかり」という名前を付けました。明るい将来であってほしいという「明かり」と、消えかかっていた命の灯りを、人の手によって育てられて灯(とも)されたので「灯り」という二つのあかりを重ねて名づけました。 あかりは、まだカンガルー舎の環境や大勢の人には慣れていないため、上の方で休んでいることが多いです。穏やかにあたたかく見守っていただければと思います。 これからあかりをどうぞ宜しくお願いします。 (カンガルー担当飼育員)

【動物情報館ZooLab】「今週末のおでかけ《ない》情報」に、QUIZOO!!を掲載

イメージ
今回、動物園の楽しみ方のヒントを知ることができるクイズを作成しました。 クイズの解答編には、飼育員の仕事のことや、普段見ることのできない動物園のウラ側についてもちょっとだけ紹介しています。 難易度は小学生中学年以上を想定していますが、大人の方にも「へぇ〜」と思っていただけるような内容になっています。ぜひ、解答編も読んでみてください。 福岡市HP「今週末のおでかけ《ない》情報」 にダウンロードページがあります。ぜひ、おうちで楽しんでください!

動物慰霊祭を開催しました

イメージ
今年も動物愛護週間に合わせて、動物慰霊祭を開催しました。 例年であれば、来園者のみなさんにもご参加いただいているところですが、今年は臨時休園中のため、動物園スタッフのみで、この1年間に亡くなった動物たちの慰霊を行いました。 この1年間で、哺乳類9種23頭、鳥類16種30羽、は虫類2種2匹が亡くなりました(令和2年9月~令和3年8月)。 マレーバク(オス)「ジュムリ」 2020年11月18日に24歳で死亡。 2012年入園。飼育期間約8年5ヶ月。 チンパンジー(メス)「コナツ」 2021年1月13日に推定43歳で死亡。 2012年入園。飼育期間約8年5ヶ月。 ツシマヤマネコ(メス)「こまり」 2021年7月14日に12歳で死亡。 2009年福岡市動物園生まれ。 コンドル(メス)「きりこ」 2021年8月30日に死亡(推定49歳以上)。 1972年入園。飼育期間約49年2ヶ月。 亡くなった動物たちを愛してくださったみなさま、ありがとうございました。 これからもみなさまと動物たちが1日でも長く一緒に過ごせるよう、スタッフ一同励んでまいります。 

【動物情報館ZooLab】「今週末のおでかけ《ない》情報」に、もようじまんを掲載

イメージ
動物情報館ZooLabより、おうちでダウンロードして楽しめる可愛い工作をお届けします。 その名も「福岡市動物園のもようじまん」! 好きな動物の模様を考えて、自分だけのオリジナル動物に仕上げます。 「もようシート」から切り抜いたり、ちぎったりして動物たちに好きな模様を貼りつけてみましょう。色鉛筆などで好きな色に塗ってもいいですね。 実際の動物の模様も、動物園のホームページからぜひ確認してみてくださいね。 福岡市HP「今週末のおでかけ《ない》情報」 からダウンロードできます。 こちらは3歳の女の子の作品です。ご家族で楽しめますよ。 開園するまでの間、いっぱい楽しんでくださいね。