2021年4月30日金曜日

世界バクの日!特別企画を開催しました!

 4月27日は「世界バクの日」です。

「世界バクの日」は、開発のため生息地が減少し、絶滅が危惧されているバクの現状を多くの方に知っていただくために設立されました。

2頭のマレーバクを飼育している福岡市動物園でも世界バクの日にちなんで、4月29日(木曜・祝日)に特別ガイドを開催しました。

こちらが、マレーバクのジュリ(オス・32歳)、国内最高齢です。

こちらが、ユメコ(メス・29歳)です。ユメコも国内のメス最高齢記録を更新中と、どちらも立派なご長寿です!!

ブラッシングされるのが大好きなジュリ。とっても気持ちよさそう…

ガイドでは、ジュリとユメコの紹介のほか、バクをはじめとする野生動物の生息地が減っていること、そしてそれが私たちの生活に関わりがあることをお話ししました。

例えば、私たちは日常的にパーム油を使用することが多いですが、多くの野生動物が住むアジアの森林がパーム油の原料であるアブラヤシの畑(プランテーション)に置き換わっている現状があります。

環境にやさしい製品を使用するなど、一人一人が生活を見直していく必要があるのではないでしょうか。

また、動物情報館ZooLabでは、4月24日、25日に、バクのキーホルダーを作成するワークショップを開催。素材は、ジュリとユメコも食べている園内のアラカシ、ヤマモモ、クロガネモチといった木の枝です。

みんな、上手にできたかな?

さらに、バクについてより深く知ってもらうため、解説と啓発のパネル展示も行いましたので、一部ご紹介します。

当園のバクを通して、バクや野生動物の保全について、少しでも考えていただけたら嬉しいです。

2021年4月20日火曜日

シロテテナガザル、ジャックとキャンディの近況

3月28日、2頭のシロテテナガザルが福岡市動物園にやってきました。

シロテテナガザルの繁殖計画に基づいて、日本モンキーセンターからはオスのジャックが、福山市立動物園からはメスのキャンディがなかま入りしました。

ジャックとキャンディは、来園初日に飼育員の手から餌を取るなど、共に採食は良好で安心しました。二週間の検疫期間も無事終了し、現在特に問題なく過ごしています。

人懐っこく、じっと覗き込んでくるキャンディ。

興味津々でカメラをちょいちょい触ろうとしてくるジャック。


今は室内展示に向けて、キャンディをこれまでの検疫用の部屋から、展示室とつながった寝室に移動させて慣らしているところです。また、寝室に帰ってくるトレーニングも開始しています。

キャンディが室内展示に慣れたら、次はジャックとの同居を予定しています。

それぞれ別の動物園から来た個体なので、まずはお互いの姿を見る「お見合い」を行ってからの同居となります。

福岡市動物園のシロテテナガザル飼育施設は広くオープンな造りで、タワーやロープとの距離感など、ジャックとキャンディが慣れるまでには、時間がかかります。

一日でも早くお客様に見てもらえるよう日々準備しておりますので、どうぞ楽しみにお待ちください。

(シロテテナガザル担当飼育員)

2021年4月19日月曜日

4月19日は「飼育の日」♪ 二年ぶりにガイド盛りだくさんな一日

本日、4月19日は「飼育の日」。
ですが、あいにくの休園日…。
そこで、昨日18日(日)に、通常のZOOスポットガイド(日曜・祝日開催)を拡大して、たくさんの動物ガイドを行いました♪
昨年のこの時期は、コロナ禍により臨時休園中でした。
ということで、今年は二年ぶりに
動物ガイド盛りだくさんな一日となりました。

「飼育の日」とは…、
4・19(しいく)の語呂合わせで2009年、動物園・水族館に関心を持ってもらうために(公社)日本動物園水族館協会が制定した日です。
この日は、全国の同施設にて、「飼育」に関する様々なイベントが行われます。
ツキノワグマのゲンキ♂です。
ブイのフィーダー(給餌器)をもらったようですね。
上手にエサを取り出して食べるところを見てもらいました。

こちらはニホンザルたちが暮らすサル山です。
当園のニホンザルについてお話しをした後に、
飼育員がエサをまいたところです。

こちらはヒョウのサナ♀です。
ガイドとともに鶏肉をもらっていました。
なんだかいつもと違う様子に、
こうして、高い場所にお肉を運んでみたりと、活発に動き回る姿が見られました。

カンガルー舎でのガイドでは、ガイド中の飼育員にお構いなしで、ゴロゴロしていました。
天気が良かったですもんね…。

キリン舎では日々のお世話についてと、
ご覧のとおり、仲良しファミリーの様子についてもお話がありました。
それよりも何よりも、
その手にもってるおいしいもの(葉っぱ)を早くちょうだいな~、
なリンダ母ちゃんなのでした~。

マレーグマ舎では、マチ♀が果物を食べる様子をご覧いただきながら、
生態などについてのガイドを行いました。
最後はサニー♂の豪快な食いっぷりも♪

ご来園いただいた皆様、ありがとうございました。
マスク着用や、ガイド中の私語を控えてくださるなど、
ご協力のもとに、滞りなくガイドすることができました。

まだまだ通常通り、とは言えませんが、GWももう間もなくです。
特別なことはなかなか難しいのですが、
なるべく動物園を楽しめるよう、工夫していきたいと思います。

皆様、ご来園の際は、引き続き、
感染予防対策へのご協力、よろしくお願いします。

動物たちのこまごましたものは、公式のSNS等にて発信しております。
良かったらフォローしてお楽しみいただければ幸いです。

<福岡市動物園>





2021年4月11日日曜日

「バックヤードからの写真展」結果発表!(第1位~第5位)


3月9日から21日まで開催した「バックヤードからの写真展」。
結果発表の続きです。

さてグランプリはどの写真でしょうか~。
まずは第5位
「よ!げんき?」
ツキノワグマのゲンキ♂
撮影:廣瀬

はよ、ごはんくださいな、のポーズだそうです。

第4位
「天使の羽」
ベンガルヤマネコのコマチ♀
撮影:坂井

抜けた毛が固まって偶然、羽のようになってた、とのこと。

📷 ★ 📷 ★ 📷

さて、ここからがいよいよ、上位3賞となります!

第3位
「へっぴり」
マレーグマのマチ♀
撮影:江崎

よく見ると竹のフィーダー(給餌器)をくわえているのがわかりますか?
下で食べるために、おしりから降りようとしているところです♪

第2位
「興味津々」
ホンドギツネのツネキチ
撮影:金田

一位と接戦だったのは、な、なんとキツネのツネキチ!
好奇心旺盛なツネキチがカメラをクンクン…。
バックヤードならではの画角の勝利ではないでしょうか。

第1位(グランプリ!)
「困り顔?」
ツシマヤマネコのひめ♀
撮影:斎藤

こちらは上位常連のツシマヤマネコ。
撮影者によると、
今年はレッサーパンダの作品がなかったから優勝できたんやない?、
と冷静でございました…。
いやいや、警戒心の強いヤマネコです。
ひめの可愛らしいこんな仕草、担当飼育員しか撮れませんよね♪

皆さん、ご投票ありがとうございました。
上位作品、および写真展の作品は、
暇々に公式インスタグラムにもpostしていきますので、
そちらもぜひ、お楽しみください。

2021年4月10日土曜日

「バックヤードからの写真展」結果発表!(第10位~第6位)

3月9日から21日まで開催した
「バックヤードからの写真展」。
動物園スタッフが撮影した写真を展示し、
来園者による人気投票を行う毎年恒例のイベント。
展示期間中、インスタグラムのハートを模して
シールで投票していただきました。
ご参加いただいた方、ありがとうございました!

今回はその結果発表、上位作品の紹介です!
まずは第10位から第6位まで発表します。

第10位
「にじゅうあご~」
カイウサギのヨダ♀
撮影:豊田

おばあちゃんウサギのヨダですが、
にじゅうあごは失礼ですよね~。

第9位
「チャチャ丸の誘惑」
ライオンのチャチャ丸
撮影:金田

ワイルドとセクシーが紙一重、フォトジェニックなチャチャ丸です。

第8位
「幸♪」
シバヤギのサチ♀
撮影:河野

その名の通り、幸せそうな写真となりました♪

第7位
「もうちょっと」
アミメキリンのニコ♂
撮影:伊藤

成長を見守っている飼育員の姿が目に浮かびます。

6位
「お昼寝タロー」
カバのタロー♂
撮影:永尾

リラ~ックスなタロー。
こんなん飼育員しか撮れません。

上位5作品は明日以降に発表します。
お楽しみに!

2021年3月30日火曜日

シロテテナガザルの来園と、キナコの転出

 2021年3月28日にシロテテナガザルが2頭、来園しました。
広島県福山市の福山市立動物園から「キャンディ」(メス)が、
愛知県犬山市の(公財)日本モンキーセンターからはシロテテナガザルの「ジャック」(オス)が、それぞれ来園となりました。

無事に獣舎へと迎え入れることができ一安心です。
当面は検疫のため、非公開となります。
一般公開時期については、体調や新しい環境への適応状況などを踏まえ、今後決定しますので、いましばらくお待ちください。
(彼らの様子は、ブログなどでご報告しますね)

そして、シロテテナガザルのキナコ(メス)が
2021年4月3日に福山市立動物園(広島県)に転出することとなりました。

そこで、先日の3月27日にお別れガイドを行いました。
目線の先は飼育員♪
飼育員が動くとそれに合わせて移動したりと、可愛い姿をみせてくれました。

飼育員が、ご飯の説明用にと、おいしそうなものを持っていましたものね。
(そのあと、室内でちゃんとおやつをもらっていました♪)

ガイド中のキナコの様子は公式Instagramにもpostしていますので良かったらそちらもご覧ください。

この日は、気候が良かったこともあり、オランウータンのミミ♂も活発に動いていました。
最後にちゃんとツーショットを決めてくれました♪

おてんばでいたずらっこのキナコは、オランウータンのミミ♂のエサをつまみぐいしたりと、その行動がなんとも可愛らしく、たくさんの方に親しまれていました。

福山市立動物園でもきっと人気者になることでしょう。
(福山市立動物園の皆さま、よろしくお願いします!)

お別れ会にはたくさんの方にお越しいただきました。
ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!

※キナコはお引越し準備のため、転出日まで非公開となります。


2021年3月26日金曜日

春の訪れ🌸、ユリカモメの衣替え

突然ですが、
ユリカモメの顔が黒くなりました。

こちらが↓ほぼ普段のお姿。
可憐で可愛らしいユリカモメは、
福岡市の市鳥としてもメジャーな鳥です。

(3月始め頃、もう完全に黒い…)

実は暖かくなると、お顔だけガングロちゃんに変身します。

そんな子に育てた覚えはないちゃばってん…、と
思わずつぶやいてしまうその姿、
なんとも言えない味わい深さがあります。
途中経過はこんな感じでまだらでした。
(完全黒より約一週間前)
このガングロ現象は換羽によるもの。
個体差はありますが、
早くて2月頃から生え変わりが始まるとされています。
(さらに二週間ほど前。よく見るとうっすら変化しています。)

ユリカモメは渡り鳥(冬鳥)の仲間。
冬鳥たちは秋~冬にかけて渡来し、
春になると日本より北方で繁殖(子育て)します。
日本でもよくみかけますが、その分布域はとても広いと言われています。
(さらに一週間ほど前、なんとなく兆しが見えたころ)
顔が黒くなると、繁殖期になり、
繁殖可能な成鳥の印でもあります。
(記録しはじめです。一月末撮影。妙な貫禄が…。)

日本全国で見かける冬鳥で、実は福岡以外でも、
自治体の鳥として多くの地域にて親しまれている鳥です。

そんな身近な鳥でありながら、暖かくなると移動するため、
こんなガングロなお姿は公園などの野生では
案外眼にする機会が少ないようです。

公式インスタグラムの動画も、よかったらご覧ください♪
@fukuookazoo

動物園ならではの春の訪れなのでした。

****

鳥インフルエンザ対策につき、
現在、放鳥舎は閉鎖中ですが、
鳥たちは元気に過ごしています。
引き続き、ご協力のほど、よろしくお願いいたします。