投稿

ツシマジカの角切り2022

イメージ
毎年恒例ツシマジカの「角切り」 朝晩涼しくなってきた休園日(9/26)に、今年も実施しました。 春先に抜け落ちて、自然に生え変わる角を どうして秋口にわざわざ切り落とすのでしょう? 答えは、 11月~の繁殖期を前に気性の荒くなるオス同士が突き合って シカ同士、飼育員が怪我してしまうことを防ぐためです。 角が一番成長するこの時期に、園では毎年「角切り」を行います。 4頭いるオスのうち、レオと繁蔵までは順調だったのですが 残るまさくん・あつやで大苦戦。 まずは飼育員が餌を持って近づくも、麻酔を打つまでは至らず その後、異変を察知したメスたちがまさくん・あつやを取り囲み その包囲網に阻まれ、まさくん・あつやに近づくことが全くできません。 飼育員と獣医の連携でタイミングを図りながら、 何とか麻酔をかけることに成功したのは スタートから3時間後。 この日一番の大仕事でした。 そして、麻酔が効いている間に「角切り」です。 切りっぱなしではなく、断面や角(かど)を滑らかに…など 細やかな作業も含まれます。 最後は、採血や体重測定などの健康チェックも行いました。 こちらが切り落としたばかりの角です。 長さは30~40センチほどでしょうか。 ずっしりと重みもあります。 レオ・繁蔵・まさくん・あつやの「角切り」は無事終了! 角のない、すっきり頭の4頭の姿を 園でぜひチェックしてみてくださいね♪

「動物慰霊祭」を開催しました

イメージ
今年も動物愛護週間(9/20~26)にあわせて 本日(9/23)「動物慰霊祭」を開催し、 この1年間に亡くなった動物たちの慰霊を行いました。 ※リニューアル工事により動物慰霊碑への通行ができないため、 今年度は動物情報館ZooLabにて開催しました。 この1年間で、ほ乳類10種22頭、鳥類15種45羽、 は虫類2種2匹が亡くなりました。(令和3年9月~令和4年8月) ・ダイアナモンキー「ヘイ」(オス)  2022年2月17日に30歳で死亡  2013年入園  飼育期間 8年10カ月 ・ベンガルヤマネコ「コマチ」(メス)  2022年3月3日に19歳で死亡  2013年入園  飼育期間 9年1カ月 ・ホンドギツネ「ツネキチ」(オス)  2022年7月17日に推定12歳で死亡  2010年入園  飼育期間 12年 亡くなった動物たちを愛してくださった皆さま、 ありがとうございました。 皆さまと動物たちが一日でも長く一緒に過ごせるよう これからもスタッフ一同励んでまいります。

「地元検証バラエティ 福岡くん。」9月11日12時35分~放送!

イメージ
FBS福岡放送「地元検証バラエティ 福岡くん。」に、福岡市動物園のコツメカワウソが登場します! ぜひ、ご覧ください!! 放送日:2022年9月11日(日曜日)12時35分~ 詳しくは、下記公式HPをご覧ください。 https://www.fbs.co.jp/fukuokakun/

「華丸・大吉のなんしようと?」9月2日19時放送!

イメージ
TNCテレビ西日本「華丸・大吉のなんしようと?」に福岡市動物園が登場します! ぜひ、ご覧ください!! 放送日:2022年9月2日(金曜日)19時~ 出演者:博多華丸・大吉さん、ダイアンさん 詳しくは、下記公式HPをご覧ください。 https://www.tnc.co.jp/nan/

北村直登さんによる1日限定のライブペインティングを開催!【2022/8/20 (土)19時~】

イメージ
2022年8月20日(土)19時~「 夜の動植物園 」/アートイベントを開催しました! 2016年以降、毎年「夜の動植物園」のビジュアルを描いていただいている 画家の 北村直登さん による、1日限定のライブペインティング。 場所は、今年1月にリニューアルオープンした ペンギンエリア大プール前で行われました。 イベントスタート前に小雨がぱらつき、 この後の天気はどうなるのか…?と思っていた矢先、少しの晴れ間から虹が。 イベントに華を添える演出かと思うほど 絶妙なタイミングで出現した虹に、集まられた沢山の来園者の皆さん大喜び♪ ほのかに浮かびあがる虹の撮影大会になりました。 そして、19時。 大プール前の広場に入りきれないほど多くの来園者が注目する中、 白いキャンバスがセットされ、北村直登さんの準備も完了。 ご挨拶の後、さっそくライブペインティングがスタートです! 大プールで泳ぐペンギンを観察しながら、両手に黒いペンを持ち、 白いキャンバスにペンギンと思われる何羽かの個体をサラサラと 左右2本線で描きます。 次に、コテのような道具で初めて色が足されました。 黒でも白でも水色でもない、黄色です。 黒ペンで描かれた個体の上に思い切り塗られたので、 “これからどうなっていくのだろう!?”ドキドキと期待が膨らみます。 左手にコテ、右手に桃色の絵具で 絵具はチューブをひとつの道具のようにして、直接描きつけていきます。 黄色の上から桃色…最初に黒ペンで描かれた個体は ほぼ塗りつぶされ、完成形が全く想像できない内容に。 しばらくすると“あぁ!”と漏れる声の数々。 1羽のペンギンの輪郭が現れました! ただ、それもつかの間。 沢山の色がダイナミックに重ねられ、先ほどのペンギンはいなくなり 新たなペンギンの出現です。 刻々と変貌をとげる絵とそのスピードに目を奪われます。 ぼんやりと輪郭だけだったペンギンが 多彩な色で力強さを増していきます。 そして、30分をかけて完成!! その後は北村さんへの質問コーナー。 ・途中で絵が数パターン変化したが、元々最終形のイメージはあったのか? ・好きな動物は? ・好きな色は? ・なぜ画家になろうと思ったのか? などなど、お子さんも含めて沢山の方から質問を受け、 明るく和やかな人柄が全面に出るエピソードトークに、 北村さんへの興味がさらに増したのではないでし

東急ハンズ博多店で「アートな動物園」開催中♪

イメージ
8月15日(月)から9月17日(土)まで、東急ハンズ博多店の1階にて、「アートな動物園」が開催されています。 (詳しくは、 東急ハンズ博多店の公式サイト をご覧ください。) 動物の絵を描かれている作家さん、置物を作られている作家さんの作品が多数販売されており、また、等身大の動物シルエット(当園の個体名入りの説明付き!)などもそこかしこに置かれていて、見ているだけでワクワク楽しくなります。 普段は福岡市動物園内のショップでしか手に入らないオリジナルグッズなども販売しています。なかなか動物園に足を運べないという方は、ぜひ、この期間にお買い求めください。 夜の動植物園のこともPRしていただいています! 夜の動植物園のビジュアルを描いていただいている、北村直登さんの作品も多数ありますよ♪ また、8月21日には、北村直登さんのライブペイントもあるそうです。 この前日、8月20日には、福岡市動物園でもライブペインティングがあります。 ●開催日時:8月20日(土)19時~(60分程度、雨天決行) ●場所:福岡市動物園ペンギンエリア 大プール前 それぞれ違った形でのライブペイントになると思いますので、ぜひ、2日連続で北村さんのライブペイントを楽しんで、アートな週末を過ごしてみませんか。

【8/20夜ZOOイベント情報】北村直登さんによるライブペインティング開催✨

イメージ
 現在開催中の 夜の動植物園 (8月~9月第2週目までの毎週土曜日 →残りは8/20、27、9/3、10の4回!)ですが、次回は特別なイベントがありますっ! アーティスト、北村直登さんによる、 1日限定のライブペインティング を開催! 北村直登さんといえば、2016年以降、夜の動植物園のビジュアルを描いていただいています。 ↑今年度のポスターはこちら また、2016年には「動物はアートだ!」を合言葉に、北村直登さんのカラフルでインパクトのあるイラストと、岡田賢さんのコピーで福岡市動物園の動物たちの魅力を伝える、月々のビジュアルポスターも手掛けていただきました。 (当時の『動物はアートだ』ポスターシリーズは、おかげさまで福岡広告協会賞、金賞を二年連続で受賞しました✨) そして今年度は、な、なんとライブペインティング~✨✨ どなたでもご覧いただけます! ご来園の際はぜひお立ち寄りください!! ※写真はイメージです 北村さんの公式インスタグラムでも 素敵な作品や、その創作の過程を垣間見ることができますのでぜひご覧ください♪ 北村直登さん公式インスタグラム @kitamura_naoto ****** →福岡市動物園HP 「 イラストレーター北村直登さんによる、1日限定のライブペインティング 」 【開催日時】 8月20日(土)19:00~(60分程度、雨天決行) 【場所】 ペンギンエリア 大プール前 ******* ◆北村直登さんプロフィール◆ 福岡(春日市)出身,大分市在住のアーティスト。 ※北村直登さんのHP  http://naotokitamura.com/ 1979年  福岡県 春日市に生まれる。幼少期よりサッカー漬けの日々 1995年  ブラジルへ1年間サッカー留学。その後、家を離れ大分県の高校へ 2002年  大学卒業、就職が見つからず、フリーター。 2002年  幼い時に母から絵が上手いと褒められた記憶から絵を描き始める。 2004年 路上で売りながら描く毎日から何となく画家になる。 2014年 ドラマ「昼顔」に作品を提供し、ドラマのヒットとともにその絵も話題となる。