2021年5月24日月曜日

ダイアナモンキー「クラリ」の出産

2021年4月12日にダイアナモンキーのクラリが1頭の赤ちゃんを出産しました。お父さんは、リップスです。

クラリにとっては初めての子育てです。福岡市動物園では、2007年以来14年ぶりのダイアナモンキーの誕生です。この2007年に生まれたダイアナモンキーがクラリでした。(4/19撮影、生後7日日)

実は去年の5月には流産を経験したクラリですが、今年は元気な赤ちゃんが生まれくれて、スタッフ一同本当に幸せな気持ちになっています。(5/7撮影、生後25日目)

去年、リップスとの交尾は確認していましたが、妊娠の確証はありませんでした。(写真:リップス)

今年の3月頃になるとクラリに乳房の膨らみやお腹の膨らみが見られるようになり、妊娠している可能性が高まってきて、4月半ば~後半くらいに生まれる想定をしていました。

結果的には予想よりも少し早く生まれましたが、出産日には母子ともに元気に、むしろいたって普通に過ごしていました。

生まれたての子どもは、黒い顔の大人と違ってピンク色をしています。(4/12撮影、出産当日)

(4/19撮影、生後7日目)

(5/6撮影、生後24日目)

生後1か月が経過し、すでに少しずつ黒くなってきています。いつ完全に黒くなるのか、楽しみでもありますし、なんだか寂しい気もします。ダイアナモンキーの特徴の一つである、額の三日月模様も生まれたときには、ほぼありませんでしたが、生後1か月ほどで模様が出てきました。

母乳を飲む期間は半年ほどで、徐々に大人と同じエサも食べるようになってきます。

母親にしっかりと引っ付き、

母乳を飲んで過ごす期間はあとわずかです。3年ほどでおとなになります。(5/12撮影、生後30日目)


クラリに負けないよう、飼育員もしっかりと子の成長を見守っていきたいと思います。(5/22撮影、生後40日目)

(ダイアナモンキー担当飼育員)