【動物情報館ZooLab】「ペンギンジオラマをつくろう」を開催しました!

ペンギンエリアオープンから2週間。

動物情報館ZooLabでは、館内でペンギン特集をしています!

そんな中、1月29日(土)、30日(日)の2日間、福岡市動物園で飼育しているフンボルトペンギンのジオラマをつくるワークショップを開催しました。

まずは、ペンギンについてのお勉強。

ペンギンの体の特徴や模様のひみつ、住んでいる場所などを紹介。

国内の動物園や水族館などでよく見ることができるフンボルトペンギンですが、野生での生息数は約23,800羽しかいない希少な動物で、絶滅危惧種だということも勉強しました。

そして、お待ちかねのジオラマづくり。

真っ白なペンギンのフィギュアをアクリル絵の具で塗っていきます。

このフィギュア、泳いでいる姿と歩いている姿の2種類ありますが、どちらも福岡市動物園で飼育しているフンボルトペンギンがモデルになっています。

動物情報館スタッフが一つ一つ手作業で仕上げているので、それぞれ微妙な違いがあって、自分だけのペンギンが作れるものになっています。

写真やスライドと見比べながら塗っている姿は、まるで職人さんのよう。

「足の裏は何色だろう?」、「くちばしの根本の模様はどうなっているかな?」など、しっかりとペンギンの模様を調べてくれました。

塗り終わったペンギンを土台に接着して、背景と合わせて透明なケースに入れたら出来上がり。

自分だけのペンギンジオラマの完成です。

どの作品もとてもステキな仕上がりになっていました。すべての作品を紹介できないのが残念です。
ワークショップに参加いただいた皆様、本当にありがとうございました。

2月もいろいろなワークショップを企画しています。イベント情報をチェックして、ぜひご参加ください。動物情報館ZooLabでお待ちしております。

このブログの人気の投稿

帰ってきたペンギンとなかま入りしたペンギン🐧

ツシマヤマネコ来園!ようこそ「ひい」、おかえり「アカツキ」🐾

角(つの)にも色んな事情があって・・・|ZOOお勉強タイム